GETTY

Photo: GETTY

コールドプレイはファンに送った手紙の中でダブル・アルバムをリリースすることを予告している。

先週、コールドプレイはベルリンや香港、シドニーといった世界各地で目撃されたポスターによってシーンに復帰することを予告していた。

また、コールドプレイはソーシャル・メディアのプロフィール画像を太陽と月のイメージに変更しており、「実験的」なアルバムがリリースされるのではないかという憶測が巻き起こっていた。

今回、世界各地のファンに送った手紙の中でそれぞれを「サンライズ」と「サンセット」というダブル・アルバムを11月22日にリリースすることを明かしている。

手紙には次のように記されている。「3行広告には『ダブル・アルバムが発売。1人きりの所有者が非常に大切にしてきたものです』と書いておいてくれ。一方は『サンライズ』、もう一方は『サンセット』というものなんだ。11月22日に発売されるよ」

「僕らがどう感じているか、そういう類のものだね。休止状態からみんなに多くの愛を贈るよ。クリス、ジョニー、ガイ、そしてウィル・チャンピオン」

先立って掲出されたモノクロのヴィンテージ風のポスターはコールドプレイのメンバーがドイツ人思想家・詩人・作曲家のフリードリヒ・ニーチェと共に座っているものになっていて、1919年11月22日という日付が記されていた。

コールドプレイが最後にリリースしたアルバムは2015年発表の『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』となっていて、友人でコラボレーターのマット・ホワイトクロスは昨年、バンドが2019年に「人々を驚かせる」ことになるニュー・アルバムの制作に取り組み始めると語っていた。

「いくつかの音源を聴いたし、彼らがそれについて話しているところを撮った映像もあるんだ。だけど、それを私が話すわけにもいかないと思うからね。興味深いものなんだけどね」

一方、コールドプレイは2020年のグラストンベリー・フェスティバルに出演するのではないかとも噂されている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ