GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトは自身とカニエ・ウェストとの関係性について語り、自身についての歌詞が含まれている彼の楽曲“Famous”をめぐる一連の騒動などに言及している。

テイラー・スウィフトとカニエ・ウェストは長年にわたって波乱の関係性が続いており、カニエ・ウェストは2009年のMTVビデオ・ミュージック・アウォーズでテイラー・スウィフトのスピーチを妨害したことで知られている。

テイラー・スウィフトは米『ローリング・ストーン』誌による新たなインタヴューの中で、一度は改善されたと思っていたというカニエ・ウェストとの関係性を振り返り、今は彼との「関係は終わった」と感じていると語っている。「私たちの仲は改善に向かっていたと思っていたわ。2009年の出来事以来、私が求めていたのは彼からの敬意だけだったから」とテイラー・スウィフトは語っている。

テイラー・スウィフトは当該の一件以来、カニエ・ウェストとよく食事に出かけるようになっていたことを明かした上で次のように続けている。「19歳の頃から続いていた、若い頃に感じていた彼に対する拒絶が段々となくなっていったような気がしていたわ」

しかし、カニエ・ウェストが2015年にMTVビデオ・ミュージック・アウォーズでビデオ・ヴァンガード賞を受賞した際にそのプレゼンターを務めてくれるようカニエ・ウェストから頼まれた時に彼に対する考え方がもう一度変わることになったとして、テイラー・スウィフトは次のように続けている。「彼からお願いされた時はすごく嬉しかったわ」とテイラー・スウィフトは語っている。「それで、私はスピーチを準備して授賞式でそれを披露したの。そうしたら、カニエがこう叫びだしたの。『MTVが視聴率を上げるためにテイラーに俺のプレゼンターを務めるよう依頼したんだ!』ってね。彼の奥さん(キム・カーダシアン)に手を回しながら、私はオーディエンスに混じって立ち尽くしていた。身体中に寒気が走ったわ」

テイラー・スウィフトは次のように続けている。「カニエには二面性があることが分かったの。彼は裏では私に優しく振る舞おうとしながらも、みんなの前ではクールに見られたくて、あらぬことを話してしまうのよ。すごく頭にきたわ」

テイラー・スウィフトは続けて、自身についての言及が含まれているカニエ・ウェストの2016年の楽曲“Famous”の歌詞をめぐる一連の騒動について言及している。“Famous”では「俺は今でもテイラーとセックスしたいかも/なぜって、あのビッチを有名にしたのは俺だから(I feel like me and Taylor might still have sex/Why? I made that bitch famous)」と歌われており、テイラー・スウィフトがカニエ・ウェストやキム・カーダシアンとの電話でこの歌詞を承認している音声も当時リークされている。

「世の中の人たちは文脈をきちんと理解していなくて、あの一件につながることになった流れを知らないのよ」とテイラー・スウィフトは語っている。「何かそれに繋がるような出来事がない限り、ああいうことは起きないわけでね。彼に『ビッチ』と言われたことに腹を立てるまでには、いろいろな出来事があったのよ」

テイラー・スウィフトは“Famous”を聴いた時のことについて次のように振り返っている。「彼との関係は終わったと思った。険悪な関係でいたいなら、そうするわって。ただ、正々堂々とやりましょうってね」

一方、テイラー・スウィフトは現地時間9月17日、2020年の夏にヨーロッパのフェスティバルを回る大規模なツアーを行うことが発表されている。また、テイラー・スウィフトはアメリカのロサンゼルスとフォックスボロで「ラヴァー・フェスト」と銘打った自身のフェスティバルを開催することも発表されている。

テイラー・スウィフトは8月23日に最新作『ラヴァー』をリリースしている。『NME』は4つ星をつけたレヴューで同作について次のように評している。「『ラヴァー』を『カムバック』だと形容するのには少々気が引ける。彼女にとって最も売り上げが少なかった『レピュテーション』ですら、アメリカでトリプル・プラチナを獲得しているのだ。そういうわけで、『昔のテイラーは電話に出られない』とでも言っておこうか。彼女は今、もう一度自分に相応しい楽曲を書くことに勤しんでいるのである」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ