GETTY

Photo: GETTY

エド・シーランはマーヴィン・ゲイの楽曲の盗作疑惑をめぐる裁判が延期になったことが報じられている。

エド・シーランは昨年、自身の“Thinking Out Loud”がマーヴィン・ゲイの1973年の名曲“Let’s Get It On”を盗作しているとして、同曲の共作者であるエド・タウンセンドの相続人から訴訟を起こされている。

エド・タウンセンドの相続人はエド・シーランについて、彼が2014年の楽曲“Thinking Out Loud”で“Let’s Get It On”のメロディやハーモニー、リズムといった構成要素を盗用しているとして彼を訴えている。

エド・シーラン側は訴訟の却下を訴えていたものの、「2つの作品の音楽的な要素には実際にいくつかの類似点が見受けられる」として、今年1月にマンハッタンの連邦地方裁判所のルイス・スタントン判事によってエド・シーラン側の訴えは棄却されている。また、ルイス・スタントン判事は2曲を再生した際に「途切れることなく移行する」ことも棄却した理由の一つとして挙げている。

今回、一連の裁判は来年まで持ち越しになる可能性が報じられている。リーガル・ニュース・サイト「ロー360」によれば、ルイス・スタントン判事はレッド・ツェッペリンがスピリットの“Taurus”を盗作しているとして訴えられている、今回のものと類似した訴訟に判決が下るまで、「夏は休暇をとる」と今回の裁判の関係者たちに冗談半分で伝えたという。

「ロー360」によれば、関係者たちは一堂にニューヨークの連邦地方裁判所に召集されることになるという。

エド・シーランは今回の訴訟で1億ドル(約107億円)の賠償金の支払いを求められているという。

エド・シーラン側は盗作をしていないとする根拠として、マーヴィン・ゲイの“Let’s Get It On”は「情欲的なアンセム」である一方で、“Thinking Out Loud”は「長期間のロマンティックな愛を歌った、物悲しくメランコリックな曲調」の楽曲になっていると主張している。

一方、レッド・ツェッペリンは“Stairway To Heaven”がスピリットの“Taurus”の「盗作」だと訴えられていた裁判が再審になったことを受けて、裁判に先駆けて意見聴取を受けることで裁判所と合意したことが報じられている。レッド・ツェッペリンは第9巡回区控訴裁判所で今年の9月に聴取を受ける予定となっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ