GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーはツイッターでマンチェスター・シティのプレミア・リーグ優勝を祝福している。

マンチェスター・シティは現地時間5月12日に行われた第38節の試合でブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCを4対1で下し、わずか1敗しかしていないリヴァプールを勝点で1上回って、逆転優勝を果たしている。マンチェスター・シティにとってプレミア・リーグ連覇はクラブ史上初となる。一方で、リヴァプールがシーズンを通して獲得した勝点96は2位のチームとしては歴代最多の数字となっている。

リアム・ギャラガーは一言「チャンピオンズ」とだけキャプションに添えて、自身の手を広げた写真を投稿している。

一方、ノエル・ギャラガーは最終節の当日に相手本拠地のアメリカン・エキスプレス・コミュニティ・スタジアムを訪れており、試合後に優勝の歓喜に湧くチームと“Wonderwall”を歌う映像がマンチェスター・シティのインスタグラムなどで公開されている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ