PRESS

Photo: PRESS

ザ・ビートルズを知らない世界を描いた映画『YESTERDAY(原題)』が現地時間5月4日にトライベッカ映画祭のクロージングナイト作品としてワールドプレミア上映されている。

本作は『トレインスポッティング』や『スラムドッグ$ミリオネア』で知られるダニー・ボイルが監督を務め、『ラブ・アクチュアリー』や『ノッティングヒルの恋人』で知られるリチャード・カーティスが脚本を手掛けている。

ワールドプレミア上映にはダニー・ボイル、リチャード・カーティスのほか、主演のヒメーシュ・パテル、シアーシャ・ローナン、ザカリー・クイント、ジョシュ・ルーカス、レジーナ・ホール、パイパー・ペラーボなどが来場している。

本作の上映前にはパテル自身による、ザ・ビートルズの曲が披露され、トライベッカ映画祭の創始者の一人であるロバート・デ・ニーロが登壇し、「本作はザ・ビートルズが存在しない世界の話だと聞いた時、そうなったらどんなに悲しいだろうと思った。そして、新たなアイデアも浮かんだんだ。誰もドナルド・トランプを知らない世界について。そんな映画があったとしたら、皆が喜ぶだろう」とコメントしたという。

海外版トレイラーはこちらから。

映画の概要は以下の通り。

『YESTERDAY(原題)』 イギリス公開:6月28日(金)/日本公開:10月
監督:ダニー・ボイル(『トレインスポッティング』(96)、『スラムドッグ$ミリオネア』(08)、『127時間』(10)、ほか)
脚本:リチャード・カーティス(『フォー・ウェディング』(94)、『ラブ・アクチュアリー』(03)、『ノッティングヒルの恋人』(99)、ほか
製作:ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、マット・ウィルキンソン、バーニー・ベルロー、リチャード・カーティス、ダニー・ボイル
製作総指揮:ニック・エンジェル、リー・ブレイザー
出演:ヒメーシュ・パテル(「イーストエンダーズ」)、リリー・ジェームズ(『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』)、ケイト・マッキノン(『ゴーストバスターズ』)、エド・シーラン(本人役)
配給宣伝:東宝東和
コピーライト:©Universal Pictures

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ