Andy Hughes/NME

Photo: Andy Hughes/NME

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストであるフリーは自身が出演した映画『ある少年の告白』について語る更なる動画が公開されている。

映画『ある少年の告白』はジョエル・エドガートンが監督・脚本を手掛けた作品で、アメリカの小さな街でバプテスト教会の牧師の息子として生まれた19歳の主人公がゲイであることを告白し、転向療法を受けさせられるという実話を描いたものとなっている。

公開された日本語字幕付きインタヴュー動画はこちらから。

フリーは転向療法を行う施設の職員であるブランドン役を演じている。

映画『ある少年の告白』はシガー・ロスのヨンシーとトロイ・シヴァンが挿入歌“Revelation”を手掛けている。

“Revelation”の音源はこちらから。

映画の概要は以下の通り。

『ある少年の告白』
2019年4月、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
出演:ルーカス・ヘッジズ、ニコール・キッドマン、ラッセル・クロウ、ジョエル・エドガートン、グザヴィエ・ドラン、トロイ・シヴァン
監督・脚本:ジョエル・エドガートン
原作:ガラルド・コンリー
音楽:ダニー・ベンジー、サウンダー・ジュリアンズ
撮影:エドゥアルド・グラウ
プロデューサー:ケリー・コハンスキー=ロバーツ(p.g.a.)、スティーヴ・ゴリン(p.g.a.)、ジョエル・エドガートン(p.g.a.)
2018年/アメリカ/115分/カラー/ビスタ/原題 BOY ERASED ユニバーサル作品 配給:ビターズ・エンド/パルコ

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ