GETTY

Photo: GETTY

2019年のロラパルーザはアリアナ・グランデ、チャイルディッシュ・ガンビーノ、トゥエンティ・ワン・パイロッツ、ザ・ストロークスらがヘッドライナーを務めることが発表されている。

ロラパルーザは8月1日〜4日にわたってシカゴのグラント・パークで開催される。

他にもケイシー・マスグレイヴス、リル・ウェイン、ミーク・ミル、ホージア、21サヴェージ、です・キャブ・フォー・キューティーも出演する。

テーム・インパラ、ジャネール・モネイ、リル・ウェインが出演することは事前に動画で発表されていた。これは非営利動物救助団体「PAWSシカゴ」が公開した13分にわたる犬の動画で先行して明らかにされたものとなっている。

昨年のロラパルーザにはアークティック・モンキーズ、ジャック・ホワイト、ヴァンパイア・ウィークエンド、ザ・ウィークエンド、ブルーノ・マーズ、ザ・ナショナル、リル・ウージー・ヴァートらが出演していた。

一方、テーム・インパラは今月「サタデー・ナイト・ライヴ」に出演することが発表されている。テーム・インパラは現地時間3月30日に放送される「サタデー・ナイト・ライヴ」でパフォーマンスを行う予定で、俳優のサンドラ・オーが司会を務める予定となっている。

先日、ケヴィン・パーカーは新作に厳密な締め切りを設けていないことを明かしている。

「アルバムというのは奔放なものであると考えることにしててね」とケヴィン・パーカーは語っている。「今作っているアルバムを20年後に聴いた時に、締め切りだったり、何らかの理由に間に合わせるために作ったものだとは思いたくないんだ。完成すべき時に完成したものであってほしいというね」

テーム・インパラはアリアナ・グランデやチャイルディッシュ・ガンビーノと共にコーチェラ・フェスティバルでもヘッドライナーを務める予定となっている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ