GETTY

Photo: GETTY

エルトン・ジョンは「初にして唯一」の自伝を今年の10月に刊行することを発表している。

エルトン・ジョンはツイッターで現時点ではタイトルのついていない自伝の刊行を発表している。

「並外れたジェットコースターのような人生を送ってきた僕だけど、ようやく自分の言葉で僕の物語を伝える準備ができたんだ」とエルトン・ジョンは自伝の刊行を発表する動画を投稿したツイートのキャプションに添えている。

エルトン・ジョンは動画の中で次のように語っている。「僕は今ロンドンのチェルシーにあるお気に入りの書店、ジョン・サンドーにいる。僕の本が出版されることをみんなに伝えたいんだ。僕にとっての初めての自伝だよ」

「真実を綴ったもので、みんなに読んでもらうのが待ち切れないんだ。僕にとっての多くの書籍は、必ずしも真実に則ったものではなかったからね。僕の人生について語らなければいけなかったことを、早くみんなにも読んでもらいたいよ」

エルトン・ジョンの自伝はマクミラン出版社傘下のヘンリー・ホルト社より2019年10月に刊行される。「グラミー賞を複数回受賞している豪華絢爛なスーパースターであるエルトン・ジョンは、史上最も成功を収め続けているシンガーソングライターです。ファンたちは彼が自分の物語を伝えてくれることを待ちわびていました。もう待つ必要はないのです」

エルトン・ジョンは2年前に自伝について初めて言及しており、次のように語っている。「僕はノスタルジーに浸るようなタイプではなくてね」とエルトン・ジョンは語っている。「僕はよく、次のライヴや次のクリエイティヴなプロジェクトにしか目を向けていないということで責められているんだ。とても驚いているのは、自伝を書くというプロセスがいかに浄化的な作業になっているかということでね。自分自身を振り返るなかで、自分がいかにクレイジーな人生を送る特権を有していたかに気がついたんだ」

エルトン・ジョンは現在、「フェアウェル・イエロー・ブリック・ロード」ツアーと銘打ったフェアウェル・ツアーの一環となる全米ツアーを行っている。エルトン・ジョンは今年の6月に、ホヴのファースト・セントラル・カントリー・グランドやカーディフのカーディフ・シティ・スタジアムなどでも公演を行う予定となっている。

一方、エルトン・ジョンは1972年発表の大ヒット作『ホンキー・シャトー』をリリースしようとしている時期を描いた伝記映画『ロケットマン』が全英で5月24日に公開される予定となっている。同作ではタロン・エガートンがエルトン・ジョン役を演じているほか、ブライス・ダラス・ハワードやリチャード・マッデン、ジェイミー・ベルらが出演している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ