PRESS

Photo: PRESS

エルトン・ジョンは来たる彼の伝記映画『ロケットマン』より、エルトン・ジョン役を演じるタロン・エガートンが見事な歌声を披露する映像が新たに公開されている。

今年5月の公開が予定されている映画『ロケットマン』は、1972年発表の大ヒット作『ホンキー・シャトー』をリリースしようとしている時期のエルトン・ジョンを描いたものになっている。

『ロケットマン』からは昨年、タロン・エガートンがエルトン・ジョンに扮した最初のトレイラー映像が公開されていたが、配給元のパラマウント・ピクチャーズは今回、タロン・エガートンがヴォーカルを披露する短い映像を新たに公開している。

公開された映像はこちらから。

「タロンは多才な俳優なんだ」と監督のデクスター・フレッチャーは動画の中で語っている。「タロンは映画の中で実際に歌声を披露していて、映画に説得力を与えているんだ。彼は素晴らしい歌声の持ち主だよ」

音楽プロデューサーのジャイルズ・マーティンは次のように語っている。「エルトンはこう言っていた。『タロンほど僕の歌をうまく歌っている人を聴いたことがないよ』とね」

昨年に公開されたトレイラー映像はこちらから。

2013年の時点で元々本作の主演にはトム・ハーディが考えられていたが、映画の中で歌うことが難しく、最終的に降板している。

「僕はシンガーじゃないからね。本当に分からなかったんだ。『ロケットマン』があったから挑戦してみたんだけど、ああいうふうに口を開くのが難しかったんだ」とトム・ハーディは当時語っていた。

一方、エルトン・ジョンは来年から「フェアウェル・イエロー・ブリック・ロード」ツアーと銘打ったフェアウェル・ツアーに乗り出す予定となっている。

エルトン・ジョンは2020年にロンドンやバーミンガム、リヴァプール、マンチェスター、アバディーン、グラスゴー、リーズで公演を行うことが発表されている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ