GETTY

Photo: GETTY

レッド・ホット・チリ・ペッパーズは先週末に行ったオーストラリア公演で1曲目の“Can’t Stop”を披露した後に電源が落ちるトラブルに見舞われている。

カリフォルニア出身のレッド・ホット・チリ・ペッパーズは現地時間2月17日に初となるタスマニア公演を行っている。アンソニー・キーディス率いるレッド・ホット・チリ・ペッパーズはこの日、インストゥルメンタルのイントロを披露した後で2002年にリリースされた“Can’t Stop”を演奏している。バンドは続けて『ワン・ホット・ミニット』に収録された“Pea”を披露しようとしたところで電源が落ち、ライヴが中断している。

タスマニアの地元紙『ザ・マーキュリー』によれば、ベーシストのフリーは15分の中断の間に観客を楽しませるために逆立ちを披露していたという。

「レッド・ホット・チリ・ペッパーズの公演で電源が落ちてしまったのが僕のせいじゃないといいな」とファンの一人は技術的な問題についてツイッターで言及しているほか、別のファンは次のようにツイートしている。「ホバートの公演中に、技術面で深刻な問題が起きたんだ。けど、フリーはそれでも素晴らしかったよ」

レッド・ホット・チリ・ペッパーズはその後、公演を再開して全21曲を演奏している。バンドはダーウェント・エンターテインメント・センターで行ったこの日の公演で、“Under The Bridge”や“By The Way”、“Give It Away”、“Dani California”などを披露している。

バンドは昨年、ツアーが発表された際に声明で次のように述べている。「タスマニアで初めてプレイできるということが、このツアーをより特別なものにしているんだ!」

一方、レッド・ホット・チリ・ペッパーズは第61回グラミー賞授賞式でポスト・マローンと共演している。

ポスト・マローンは自身の楽曲である“Stay”をアコースティックで披露した後で、別のステージに移動する通路の中で“Rockstar”を披露し、ステージを移動してレッド・ホット・チリ・ペッパーズの“Dark Necessities”のパフォーマンスに参加している。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズは先日、2016年の『ザ・ゲッタウェイ』に続く通算11作目となるニュー・アルバムの進捗状況に言及している。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズは2019年のサマーソニックでヘッドライナーを務めることが発表されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ