facebook.com/JohnPaulJonesOfficial

Photo: facebook.com/JohnPaulJonesOfficial

レッド・ツェッペリンのベーシストであるジョン・ポール・ジョーンズは、現地時間3月28日にソニック・ユースのサーストン・ムーアやドラマーのスティーヴ・ノーブルと共にロンドンの100クラブで一夜限りの公演を行うことを発表している。

イベントは「この時代における3人のミュージシャンの音楽が集結する、おそらくは唯一となる特別な機会」だと説明されており、イベントの収益はロンドンのラジオ局である「レゾナンスFM」に寄付されるという。

ジョン・ポール・ジョーンズは50年以上にわたり、作曲家やアレンジャー、プロデューサーとして、ポップからオペラ、エレクトロニカ、前衛的な音楽に至るまで多岐にわたる音楽活動を行っている。

サーストン・ムーアは1981年にソニック・ユースを結成しており、現在はロンドンを拠点にレコード・レーベルのエクスタティック・ピース! や図書館を主宰しているほか、ソロ・アーティストとして詩集やアルバムを発表している。

また、スティーヴ・ノーブルはデレク・ベイリーやジョー・マクフィー、マシュー・シップといったフリージャズを代表する数多くのアーティストらと共演してきたことで知られている。

一方、レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジはデビュー・アルバム『レッド・ツェッペリン』がリリースから50周年を迎えることを記念して、彼の象徴的なギターの一つを復刻版として発売することを発表している。

フェンダーは今回、『レッド・ツェッペリン』で彼が使用していた「ドラゴン」と名付けられたフェンダー・テレキャスターをモデルにした、4種類のギターを発売することを発表している。

ジミー・ペイジは「ドラゴン」として知られるこのギターを使い始めた1967年に、個性を出すためにギターに鏡を貼り付け、「ミラー」という名前でこれを使用していた。しかしながら、同年のうちに鏡は取り外され、今日まで描かれている「ドラゴン」のデザインが施されている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ