GETTY

Photo: GETTY

ザ・フーはカイザー・チーフスやパール・ジャムのエディ・ヴェダーをサポート・アクトに迎えて、ロンドンのウェンブリー・スタジアムで大規模公演を行うことを発表している。

先週末、ザ・フーは謎の動画を公開しており、動画はバックに“Baba O’Riley”が流れるなか、そのキャリアを振り返るものとなっていた。また、別の映像はウェンブリー・スタジアムの外観を写したものとなっており、“My Generation”の歌詞がスクリーンに表示されるものとなっており、左右にはバンドを象徴するターゲット・マークが掲示されていた。

今回、ザ・フーはエディ・ヴェダーとカイザー・チーフスをスペシャル・ゲストに迎えて7月6日にウェンブリー・スタジアムで公演を行うことを発表している。

ザ・フーのフロントマンであるロジャー・ダルトリーは2006年発表の『エンドレス・ワイアー』以来となる新作を今年リリースする予定であることを明かしている。

新作の内容についてピート・タウンゼントは次のように語っている。「ダークなバラードやヘヴィなロック、実験的なエレクトロニカ、サンプリングしたもの、ギターが強烈なザ・フーらしい曲もあるんだ」

ロジャー・ダルトリーは次のように続けている。「全曲素晴らしいんだけど、時々、ピートがやったものをよりよいものにするシンガーとして何も付け足すことができないと思うこともあったんだ。でも、文句をつけられるものも5〜6曲はあったからね。(耳の病気も)治ったし、これらの音源に取り掛かる時間を作るつもりなんだ」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ