GETTY

Photo: GETTY

リアーナは主軸プロデューサーが新作の完成に「ものすごく近づいている」ことを認め、新作の到着がまもなくであることが明らかになっている。

リアーナは2016年発表の『アンチ』以来、アルバムをリリースしていないが、プロデューサーのザ・ドリームはリアーナが新たなアルバムの完成に差し掛かっていると語っている。

「彼女は取り掛かっている最中なんだけど、もうすぐ終わりそうなんだ。もうすぐ終わるよ。ものすごく近づいているんだ」と彼はHOT 97のエブロ・ダーデンに語っている。

リアーナは昨年、ニュー・アルバムが2019年にリリースされることを認めている。

あるファンが「ところでアルバムはいつ出されるの、ロビン? リリース日はあるの?」とインスタグラムで尋ねると、リアーナはこれに対して一言「2019年」と応じている。

プロデューサーのクック・ハーレルも来たるニュー・アルバムについての情報を明かしており、リアーナの新作について「素晴らしい」と語っている。

クック・ハーレルはインスタグラムでリアーナのファンからの質問に答え、「素晴らしい」と述べている。「R9(リアーナの9作目となる最新作)はすごい。R9は素晴らしいよ。最高さ、それだけは言えるね」と彼は述べている。

リアーナにとって2019年は映画界への復帰も期待されており、先日、『グアヴァ・アイランド(原題)』でチャイルディッシュ・ガンビーノことドナルド・グローヴァーと共演していることが明らかになっている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ