PRESS

Photo: PRESS

映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックが2018年に全世界で最も売れたアルバムとなったことが明らかになっている。

アルバムは全世界で600万枚のセールスを記録しており、現在までにイギリスと韓国では4つのプラチナを獲得し、アイルランド、シンガポールではトリプル・プラチナ、アメリカ、オーストラリア、台湾、香港でダブル・プラチナ、日本、カナダ、ニュージーランド、中国、フィリピン、インドネシアではプラチナ・アルバムを獲得している。

映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックは計24週、全英アルバム・チャートで1位を獲得しており、これは今世紀で最多の記録となっている。アデルの『21』が2011年2月から2012年4月まで23週、1位を獲得していたが、それを上回る形となった。

本作は、オリジナル盤の他、豪華ハードカバー・ブックレット仕様となり、ディスク2に一緒に歌えるように全楽曲のインストゥルメンタル・ヴァージョンが収録された『グレイテスト・ショーマン [シングアロング・エディション]』、そして豪華なアーティストたちがカバーした『グレイテスト・ショーマン:リイマジンド』がリリースされている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ