GETTY

Photo: GETTY

元オアシスとビーディ・アイのギタリストで、現在はノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズに参加しているゲム・アーチャーはオアシスが解散した当時について振り返っている。

オアシスは2009年、ヘッドライナーを務める予定だったパリのロック・アン・セーヌ・フェスティバルのステージに上がる直前に解散している。

「オアシスが解散した時、悲しみは感じなかったよ。解散するのも頷けたからね」とゲム・アーチャーは『モジョ』誌とのインタヴューで語っている。「僕はあのバンドに10年いたわけだけど、どんな時だって、もしかしたら明日終わるかもしれないだとか、もしくは、これから20年くらい続くのかもしれないだとか考えていたわけでさ……うん、20年はちょっと楽観的すぎたかな。けど、当時はそんな感じだったんだ」

「もう一度あんなことがあったら、全員が悲しむことになるんだろうけどね。最後にやったツアーでも、俺らはウェンブリー・スタジアムを3公演もソールドアウトさせたわけだから、『この怪物を終わらせようぜ』っていう感じではまったくなかったんだ。全員が飛行機を飛ばし続けようとしていたんだ」

彼は次のように続けている、「そして、今では、アルゼンチンのロザリオで(ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズとして)公演をやるなんて時には、当時オアシスを観ることが叶わなかったくらいの若い子たちがオアシスのTシャツを着てくれていて、歌詞も全部知ってくれていたりするわけでね……僕としては、なんて完璧なんだろうと思うよね」

一方、ノエル・ギャラガーは先日、ゲム・アーチャーとクリス・シャーロックという元オアシスのメンバーがハイ・フライング・バーズに参加していることについて言及している。

「俺が最初に(ソロとしてのキャリアを)始めた時、バンドにはティム(・スミス、ギター)とジェレミー(・ステイシー、ドラム)がいたんだ」と彼は語っている。「セッション・ミュージシャンの何が素晴らしいかって言うと、自分がしていることに確信が持てない時も、彼らはきちっとやってくれて、アルバムらしいサウンドにしてくれるということでね」

「始めた時に俺が必要としていたのはそういうことだったんだ。けど、バンドを持つということに関してはそれと同じことではないわけでさ。クリスとゲムのほうがもっと緩くて、毎晩キッカリ同じことをやるような奴らではないからね」

ノエル・ギャラガーは次のように続けている。「ティムとジェレミーが抜けたのと同時に、ビーディ・アイが解散したんだ。お告げだと思ったね」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ