GETTY

Photo: GETTY

コートニー・ラヴは元マネージャーのサム・ラトフィから嫌がらせを受けていたとして彼を訴えていた裁判で、サム・ラトフィに一時的な接近禁止命令が出されたことが明らかになっている。

コートニー・ラヴはサム・ラトフィについて、金銭を要求するメールやテキスト・メッセージを何通も送られ、電話を執拗にかけて自身や家族に嫌がらせをしてきたとして、ロサンゼルスの裁判所に訴状を提出していた。

ロサンゼルス郡上級裁判所は今回、サム・ラトフィに対してコートニー・ラヴや娘のフランシス・ビーン・コバーンへの一切の接触を禁じ、100ヤード(約90メートル)以内への接近を禁止する命令を出している。

コートニー・ラヴの弁護士を務めるハロルド・キングは声明で次のように述べている。「コバーン一家は、ロサンゼルス郡上級裁判所がサム・ラトフィに対して嫌がらせを禁止する命令を出したことに感謝しています。法的処置によって、ラトフィ氏による家族に対するあらゆる接触がなくなることが保証されたのです」

サム・ラトフィは以前ブリトニー・スピアーズのマネージャーも務めている。サム・ラトフィは、ブリトニー・スピアーズの家族から2009年までマネージャーを務めていた期間に彼女を操っていたと批判されたことで、自身の評判が傷ついたとして、ブリトニー・スピアーズの家族を訴えており、2016年まで法廷で争っている。

コートニー・ラヴとサム・ラトフィについては先日、フランシス・ビーン・コバーンの元夫であるイザイア・シルヴァから訴訟を起こされている。イザイア・シルヴァは彼女たちについて、1994年に亡くなったコートニー・ラヴの元夫であるカート・コバーンが使っていたギターを取り戻すために、自宅に押し入ってきたとして訴えている。

コートニー・ラヴは唯一のソロ・アルバムである『アメリカズ・スウィートハート』を2004年にリリースしているほか、2009年から2011年にかけてホールが再結成していた際、2010年にバンドの通算4作目のアルバムとしてリリースされた『ノーバディーズ・ドーター』が自身の最後のアルバムとなっている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ