GETTY

Photo: GETTY

デイヴ・グロールは、カリフォルニア州に深刻な影響を与えている壊滅的な山火事に対応する消防士のたゆまぬ努力に感謝するため、カリフォルニア州の消防士にバーベキューを振る舞っている。

先週からカリフォルニア州のウェスト・コーストは山火事によって壊滅的な被害を受けており、死者は最新の報道で44名となっている。ウールジー・ファイアーと呼ばれている山火事では、ロサンゼルス郡の一部も影響を受けて、2名が亡くなっており、マリブのような地域の不動産の多くにも壊滅的な被害を与えている。

州全体でこの山火事の対応に当たっている消防士だが、長時間働いている消防士を人々は援助しようとしており、デイヴ・グロールもロサンゼルス郡カラバサスで消防士にバーベキューを振る舞っている。第88消防署は現地時間11月12日に振る舞いを受けた消防署の一つとなっている。

「フー・ファイターズのデイヴ・グロールの訪問を今夜受けて素晴らしかったよ」と第88消防署はインスタグラムで述べている。「ありがとう!、デイヴ。(バーベキューは)最高だったよ」

一方、ケイティ・ペリーやロッド・スチュワート、ニール・ヤングらは、カリフォルニアを襲った山火事に対するドナルド・トランプ米大統領のツイートを批判している。

カリフォルニアの山火事についてドナルド・トランプ大統領は「森林管理の杜撰さ」以外の「原因はない」とツイートしている。

ケイティ・ペリーはツイッターでドナルド・トランプのツイートを次のように批判している。「これはものすごく非情な対応だわ。政治なんかどうだっていいの。あなたがツイートしている間に、良識あるアメリカの家族たちが家を失くして、シェルターに避難しているというのに」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ