GETTY

Photo: GETTY

ボブ・ディランが1975年に発表した名作『血の轍』が『君の名前で僕を呼んで』や『サスペリア』を手掛けたルカ・グァダニーノによって映画化されるという。

『ニューヨーカー』誌に掲載されたインタヴューの中でルカ・グァダニーノはボブ・ディランのキャリアでも最高傑作の一つとして広く知られている『血の轍』の映画化に取り組んでいると明かしている。

脚本はリチャード・ラグラヴェネーズが手掛けているとのことで、物語は「アルバムの中心的なテーマを基にルカ・グァダニーノとリチャード・ラグラヴェネーズが考えた、70年代を舞台にした複数年にまたがる物語」になるという。

リチャード・ラグラヴェネーズも映画の登場人物について『ニューヨーカー』誌にコメントを寄せている。「登場人物が感情をこらえているとして、その耐え忍んでいることをドラマにしているんだ。あと、それがどんな影響を及ぼすかについてね。そして、感情を爆発させた時に何が起こるかを物語にしているんだよ」

『血の轍』については『モア・ブラッド、モア・トラックス』というタイトルでボックスセットがリリースされることが決定している。『モア・ブラッド、モア・トラックス』はボブ・ディランが1974年におこなった重要な6回のレコーディング・セッション、ニューヨークの4日間(9月16、17、18、19日)とミネアポリスの2日間(12月27、30日)を収録したものとなり、11月2日にリリースされる。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ