GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドのトム・ヨークは、バンドの長年のプロデューサーであるナイジェル・ゴッドリッチとヴィジュアル・アーティストのタリク・バッリと共に全米ツアーを今冬に開催することを発表している。

ナイジェル・ゴッドリッチは1995年にリリースされた『ザ・ベンズ』以降のすべてのレディオヘッドのアルバムに携わっていることで知られており、トム・ヨークのソロ作品すべてのプロデュースも手掛けているほか、トム・ヨークのサイド・プロジェクトであるアトムス・フォー・ピースにもレッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストであるフリーらと共にメンバーとして参加している。

また、タリク・バッリもトム・ヨークの長年のコラボレーターとして知られており、ナイジェル・ゴドリッチとタリク・バッリの両者は、今年の5月から6月にかけて行われたトム・ヨークのヨーロッパ・ツアーも一緒に行っている。

トム・ヨークの全米ツアーはマディソン・スクウェア・ガーデンでの4公演を含む、今夏の成功を収めたレディオヘッドの全米ツアーに続くものとなっている。

レディオヘッドは現地時間7月7日に行われたシカゴのユナイテッド・センターでの公演で、映画『007』のために書いた楽曲である“Spectre”をバンドとしてライヴで初めてパフォーマンスしている。この公演に先駆けて、トム・ヨークは今年5月のソロ公演で“Spectre”をライヴで初披露していた。

一方、レディオヘッドは現地時間7月19日に、ドラム・クルーが亡くなった2012年のステージ崩壊事故が起きて以来初となるトロント公演で事故への説明責任を呼びかけている。

「君たちの街では説明責任を負う人たちがその責任を果たしていないままでね」とトム・ヨークは観客に語りかけている。「その沈黙っぷりといったら、ひどいものなんだ」

トム・ヨークの全米ツアーの日程は以下の通り。

November 23 – PHILADELPHIA Electric Factory
November 24 – BOSTON Wang Theatre
November 26 & 27 – BROOKLYN Kings Theatre
November 30 – WASHINGTON Kennedy Center
December 1 – CLEVELAND Keybank State Theatre
December 2 – DETROIT Masonic Temple Cathedral Theatre
December 4 – CHICAGO Chicago Theatre
December 5 – MILWAUKEE Riverside Theater
December 6 – MINNEAPOLIS Northrop at University of Minnesota
December 8 – ST. LOUIS Stifel Theatre
December 9 – KANSAS CITY Arvest Bank Theatre at the Midland
December 11 – DENVER Paramount Theatre
December 13 – SALT LAKE CITY @ The Union
December 15 – SAN FRANCISCO Bill Graham Civic Auditorium
December 17 – SAN DIEGO The Observatory
December 19 & 20 – LOS ANGELES The Orpheum
December 22 – LAS VEGAS The Chelsea at the Cosmopolitan

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ