GETTY

Photo: GETTY

エイミー・マクドナルドはオアシスの解散を世界に広めることになってしまったことを後悔していると語っている。

エイミー・マクドナルドはオアシスが解散することとなった2009年のロック・オン・セーヌに出演したアーティストの1人となっており、彼女は当時バックステージでノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガーの喧嘩の現場に立ち会っている。

「オアシスが1分だけステージに立ってキャンセルしたわ」とエイミー・マクドナルドは当時ツイッターに投稿している。「リアムがノエルのギターを叩きつけたの。大喧嘩よ」とエイミー・マクドナルドは綴り、その後「ノエルが辞めたわ」とツイートしている。

エイミー・マクドナルドによる一連の投稿はこちらから。

Picture-8-1JPG

その後、エイミー・マクドナルドのツイートはオアシスの解散として多くのメディアに取り上げられ、あらゆるニュースで彼女のツイートが引用されることとなった。エイミー・マクドナルドは今回、世界に解散のニュースを広めることになってしまったことについて申し訳なく感じていることを明かしている。

「私は誰よりも先に解散についてツイートしてしまったの。最終的に、オアシスを検索して解散についての記事を見つけたとなれば、そのすべてで私の名前を見ることになってしまったわ」とエイミー・マクドナルドは「デイリー・レコード」に語っている。

「私のマネージャーの1人のアレックスからは、私のツイートを見てそれを知ったって言われたわ。だから、私が世界中に広めてしまったのよ」

エイミー・マクドナルドはまた、解散騒動が起きた時は自身のファースト・アルバムのキャンペーンが終盤に差し掛かっていた時期であったとして、自身の名前が「オアシスについての会話や記事に登場していた」おかげで再びチャートにランクインできたことを明かしている。

エイミー・マクドナルドは次のように続けている。「誇りに思うべきことなのかは分からないわ。ゴシップ好き女だって思われただけよ」

ノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガーは2009年の解散以来、ステージには一度も一緒に立っていない。一方で元オアシスのボーンヘッドは現地時間5月22日、ザ・ローリング・ストーンズのサポート・アクトとしてのリアム・ギャラガーのステージに参加している。

リアム・ギャラガーは昨年にマンチェスター・アリーナを襲ったテロ事件からその日で1年だったことを受けて“Live Forever”をマンチェスターに捧げている。

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ