GETTY

Photo: GETTY

ザ・リバティーンズは、今年1月に「ジ・アルビオン・ルームス」という名称になることを発表したケント州マーゲイトのホテル兼スタジオについて、その船出にファンも参加できるという。

ファンは125ポンド(約1万8,500円)で「ジ・アルビオン・ルームス」内のレコーディング・スタジオにある指定のレンガを購入することができる。バンドのウェブサイトでは今回の試みについて「バンドのレコーディング・スタジオにあなただけのレンガを持つことで、リバティーンズの歴史に永遠に刻まれる特別な機会です。スタジオが完成した暁には、お手元にレコーディング・スタジオの壁の一部となったレンガの写真をお送りします」と綴られている。

https://www.thelibertines.com/news

ザ・リバティーンズはレンガに関する新たな投稿の中で、元々は200ポンド(約2万2,000)だったレンガを値下げすることを発表したほか、さらなる特典の追加も発表している。

「レンガの値段は新たに125ポンドとなり、また、特典としてバンドのサイン入りのレンガの写真が送られるほか、ご都合のつく方々を『ジ・アルビオン・ルームス』の特別なプレ・ローンチ・イベントに御招待させて頂きます。そこではレンガをその目でご覧頂けることになります」

10部屋ある5階建ての「ジ・アルビオン・ルームス」のオープン日についてはまだ明らかになっていない。フロントマンであるピート・ドハーティは2016年にこの計画について初めて明かしていた。

「ジ・アルビオン・ルームス」の計画については地元からの反対もあったものの、バンドは無事に2017年にケント州マーゲイトの海沿いに不動産を購入している。「映画で観たザ・ビートルズやモンキーズといった昔ながらのバンドの共同生活に感化され、カール(・バラー)、ゲイリー(・パウエル)、ジョン(・ハッサール)、ピート(・ドハーティ)は、リビングに芸術空間があり、ウォーホルのファクトリーのような部屋があり、ゲストルームやバー、そしてスタジオがあるようなクリエイティヴな家を探していました」とプレスリリースでは述べられている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ