GETTY

Photo: GETTY

アデルは、昨年まで行われたワールド・ツアーで1億4200万ポンド(約216億円)もの売上を上げたことが明らかになっている。

彼女の会社「レメディー・ツーリング・LLP」が発表した最新の統計では、チケットの売上、Tシャツ等の物販による収益が1億4200万ポンドにのぼったという。会社の利益は7000万ポンド(約106億円)で、アデル本人には4200万ポンド(約64億円)が支払われる。

さらに昨年の彼女のレコード売上は900万ポンド(約13億円)にのぼるとも報じられている。彼女が2015年にリリースした最新作『25』は現在までに2200万枚ものセールスを達成している。

なお、アデルの総資産は1億3500万ドル(約147億円)と試算されている。

一方、アデルは以前、ラスベガスのホテルでの1年間の定期公演の契約として、2000万ポンド(約30億円)が提示されていることが報じられている。

この莫大な金額は、ラスベガスにある高級ホテル「ザ・ウィン」によって提示されたもので、彼らはアデルの1年間の定期公演の契約を取り付けようとしており、これは1回の公演あたり途方もない38万ポンド(約5700万円)になる。

「ラスベガスで引退を迎えようとするエンタテイナーの人生は過去のものになっています」とホテル側の情報筋は『ザ・サン』紙に語っている。

「ここ数年間、私たちはこのラスベガス・ストリップでパフォーマンスをする多くのスターを見てきました。そして、どの一流ホテルも、自分たちは定期公演者として最大のスターを迎えていると言いたいのです。シーザーズ・パレスにはマライア・キャリーが、プラネット・ハリウッドにはブリトニー・スピアーズがいます。そして私たちはアデルを迎えたいのです」

「1公演あたり50万ドルということになれば、健全な復活ということになるだろうと確信しています」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ