Photo: 2021 Lost Weekend

ジョン・レノンは2022年トライベッカ映画祭正式出品『ジョン・レノン 失われた週末(The Lost Weekend:A Love Story)』が日本公開されるのを受けて、著名人からのコメントが公開されている。

本作はジョンとヨーコの個人秘書であり、プロダクション・アシスタントを勤めていた中国系アメリカ人、メイ・パンの証言によって1973年秋から75年初頭にかけての18ヶ月間を描くドキュメンタリー作品で、5月10日より日本公開されることが決定している。

著名人からのコメントは以下の通り。

ピントも合っていないし ぶれている画面も多い
しかし 見終わってみると それで疲れるわけではない
編集者をはじめスタッフの ジョン・レノンへの愛情が全てをコントロールしているからだろう
心から思った 彼にはもう少し長生きして欲しかった
久米宏(フリーアナウンサー)

ジョン・レノン 失われた週末。これはレノンファンにとっては1番知りたかった歴史。
埼玉にあったジョン・レノン美術館に行った時、失われた週末の場所が本当に失われた表現をされていた。
この映画を見て思ったのは、人間は誰でも2人以上の人物が宿っている。自由な不良少年のジョン・レノンとインテリの大人になった
ジョン・レノンの葛藤。要するにダブルファンタジーは愛であり、失われた週末は恋であったのかもしれない。
レノンが死ぬときにどちらを思い描いて天に召されたか。それはこの映画を見て想像する浪漫だ。
ダイアモンド☆ユカイ(ミュージシャン・俳優)

メイ・パンといえば、ロストウィークエンドの印象しかありませんでしたが、事実は、イマジンの撮影にもいたし、亡くなる寸前まで交流があったのですね。
びっくりするような貴重な映像や事実が、この映画には描かれてます。
そしてジョン・レノンという人間の弱さや不思議さも沢山炙り出されています。
こんなに貴重で重要なドキュメンタリーは珍しいです。
めちゃくちゃ面白いです。
ジュリアンとの交流やヨーコの不思議なコントロール
どれもが必見です。素晴らしい。
岡村靖幸(音楽家)

こんなに中身の濃い時期だったとは…。
やはり物事は一方でだけでなく、多面的に見ないと分からないと改めて思いました。
初めて見る映像も写真も沢山で、それだけでも見応え充分です。
そしてなにより、ジュリアンとジョンの関係をしっかりと繋いでくれたメイパンの行動にはホロリときました。
この時期のジョンの作品が充実なのも納得。
斉藤和義(ミュージシャン)

この映画の語り手、メイ・パンは、僕にとっては有名人だ。ジョン・レノンとオノ・ヨーコは、誰にとっても有名人だ。
彼らにとっての『失われた週末』は、各々の立場、見方で受け止め方は変わる。
戸惑うほどに複雑な心境なのは、これまでジョンやヨーコから語られる『失われた週末』ではないから。
真実の多面性。
誰にとっても真実なのは、ジョン、ヨーコの別居中、レノンと最も近しかった人間。それが、メイ・パンだということ。
その彼女が語る『失われた週末』は、彼女にとって『永遠の週末』だった。
ジョン・オノ・レノン没後44年。『ようやく真実を語れた』。映画のエンディングに放たれたメイ・パンのこの言葉に、彼女の想いが溢れていた。
安田顕(俳優)

ジョンはメイ・パンを愛し、また同時にヨーコにも、常に特別の愛情と関心、そして同時に畏怖心を持っていたのではないか、と思う。
人は同時に二人の人間を心から愛すると言う事もあるのかもしれない。
湯川れい子(音楽評論・作詞)

これまで何度も語られてきたジョン・レノンの「失われた週末」。
しかし、実際にそこにいたメイ・パンの話を聞くとことの次第は思っていたのとかなり違います。
レノン・ファンにとって欠かせない映画です。
ピーター・バラカン(ブロードキャスター)

こんなことがあったのか!歴史を塗り替える新事実の数々!メイ・パンの著書には書かれていなかった衝撃の状況が、
鮮烈な映像の数々を伴って貴方の脳を撃つ!ビートルズ・ファン、ジョン・ファン、そして全ての音楽ファンは必見だ! 
サエキけんぞう(パール兄弟、ジョリッツ)

「失われた週末」時のこの「ジョン・レノン物語」は、多種多様な人物が登場する「ビートルズ物語」に匹敵するほどの面白さだ。女性陣(ヨーコ、シンシア、メイ・パン)だけでなく、ポールとジュリアンもそこに絡んでくるのだから。
藤本国彦(ビートルズ研究家/字幕監修)

もしジョンが存命だったら、内容が大分違った物になっていたと思う。
ヨーコの束縛から逃れ自由になった時、それ迄したいと思っていたことを実現させてはみたものの、
ヨーコなしには、これからの方向を決められないというジレンマが、ジョンの中に見え隠れしている、と感じた。
星加ルミ子(音楽評論家/元ミュージック・ライフ編集長)

愛を求め続けたジョンが、本当の愛に包まれた時間だったのかもしれない。
メイ・パンちゃん。心が痛みました。
情報量過多。衝撃的証言。全てのビートルズファン、そしてロックファンは固唾を飲んで観るべき1本です。
藤田朋子(俳優)

日本版予告編映像はこちらから。

映画の概要は以下の通り。

『ジョン・レノン 失われた週末』
監督:イヴ・ブランドスタイン、リチャード・カウフマン、スチュアート・サミュエルズ 
出演:メイ・パン、ジョン・レノン、ジュリアン・レノン、ポール・マッカートニーデヴィッド・ボウイ、エルトン・ジョン
2022年/アメリカ/英語/94分/カラー/1.85:1/5.1ch
原題:The Lost Weekend:A Love Story 字幕:松浦美奈 字幕監修:藤本国彦
配給:ミモザフィルムズ
(C) 2021 Lost Weekend, LLC All Rights Reserved
2024年5月10日(金)より角川シネマ有楽町、シネクイント、新宿シネマカリテ、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー

更なる詳細は以下のサイトで御確認ください。

https://mimosafilms.com/lostweekend/

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ