GETTY

Photo: GETTY

ザ・スミスの『ザ・クイーン・イズ・デッド』のデラックス盤の予告映像が公開されている。

ザ・スミスの『ザ・クイーン・イズ・デッド』のデラックス盤は10月20日にリリースされることが明らかになっており、CD2枚組とCD3枚組+DVDの2形態がリリースされる。

予告映像はこちらから。

CD3枚組+DVDのデラックス・エディションはディスク1にオリジナル・アルバムの2017年リマスター、ディスク2にデモやオルタナティヴ・テイク、ディスク3にこれまで未発表だった『ライヴ・イン・ボストン』が収録され、DVDにはオリジナル・アルバム2017リマスターの24bit 96kHz PCMのハイレゾ音源とデレク・ジャーマンによる“The Queen Is Dead”のミュージック・ビデオが収録される。

国内盤の詳細は後日発表される。

ジョニー・マーは先日、ザ・スミスの再結成について質問してきたファンに対して、一言「まあ落ち着いてくれ」と応じている。

ジョニー・マーは現地時間7月19日、女優のキャンディ・ダーリングの掲載されたザ・スミスのシングル“Sheila Take A Bow”のアートワークの前に立った自身の写真をツイッターに投稿している。

ジョニー・マーは写真と共に「『すぐにニュースを持って帰ってくるわ』ってキャンディーが言ってるよ」とツイートしている。ファンの一人から「奇跡的にザ・スミスが再結成したりして?」とリプライを送られると、ジョニー・マーは「まあ落ち着いてくれ」と返答して、ファンを牽制している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ