GETTY

Photo: GETTY

フィオナ・アップルはドナルド・トランプを嘲笑するクリスマス・ソングの動画を公開している。

フィオナ・アップルはナット・キング・コールの“The Christmas Song”を歌い、一部の歌詞を次期アメリカ大統領に正面から宛てたものにしている。

「トランプのキンタマが焚き火で焼かれてる/あいつは反対する人に噛みつき続けてるから」と彼女は歌っている。「あいつが来る度に『キモいオヤジ』と叫んでる/あいつはあなたの服を引っ張り続けてるから」

フィオナ・アップルは曲を次のように締めくくっている。「メリー・クリスマス、メリー・クリスマス、ドナルド・トランプ、ファック・ユー」

フィオナ・アップルによる動画はこちらから。

フィオナ・アップルは先月、キース・リチャーズやイギー・ポップ、リンゴ・スターらと共に難民危機や宗教的・政治的暴力の犠牲者のための基金を募るキャンペーンに参加している。

またフィオナ・アップルの1996年の楽曲“Criminal”はバラク・オバマ大統領が選んだ今年の夏のプレイリストに選ばれている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ