GETTY

Photo: GETTY

ビースティ・ボーイズのメンバーであるアダム・“RCA”・ヤウクを記念して名付けられたニューヨークの公園に2つの鉤十字と「Go Trump」というメッセージが落書きされたのを受けて、対抗する集会が開催された。

アダム・ヤウクは2012年5月に癌による合併症で享年47歳で亡くなっている。アダム・ヤウク・パークはニューヨークのブルックリンに造られている。

地元の政治家によってこの集会は現地時間11月19日に開催が発表され、11月20日午前11時30分より開催されている。ニューヨーク州上院議員のダニエル・スコードロンと下院議員のニディア・ヴェラスケス、地元市議会議員、選出議員、地元のコミュニティのリーダーたちによってこの集会は企画されている。

集会の模様はこちらから。

ビースティ・ボーイズのアドロックは集会に参加して、拡声器を通してスピーチを行っている。「今日、みんながここにいるのは同じことを考えているからだと思ってるんだ。鉤十字を子供の遊具にスプレーで落書きするのは、やっちゃいけないことなんだ」

アダム・ヤウクが非暴力を信じていたことに触れ、アドロックはドナルド・トランプの勝利後、どこからともなく現れたヘイト・クライムやヘイト・スピーチについて語っている。

先週、ビースティ・ボーイズの名作にしてデビュー・アルバム『ライセンスド・トゥ・イル』はリリースから30周年を迎えている。

アルバムは記録的な成功を収め、全米アルバム・チャートのトップに立った初めてのヒップホップ・アルバムとなっている。同作はアメリカだけで1000万枚を超えるセールスを記録している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ