Photo: GETTY

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのギタリストであるジョシュ・クリングホッファーは歩行者の死亡事故を起こしたとのことで、不法死亡と過失で訴えられている。

『ヴァラエティ』誌や『TMZ』によれば、事故はカリフォルニア州アルハンブラで起こったもので、47歳の被害者であるイスラエル・サンチェスの遺族が訴訟を起こしている。

事故は3月18日に起きており、訴状によればジョシュ・クリングホッファーは電話をしながらSUVを運転したという。

ジョシュ・クリングホッファーが左折しようとした時にイスラエル・サンチェスは横断歩道を歩いて渡っていたとされている。イスラエル・サンチェスは車と接触して、怪我で亡くなっている。

ジョシュ・クリングホッファーの弁護士であるアンドリュー・B・ブレットラーは『ピッチフォーク』に声明を発表している。「これは悲劇的な事故でした。車が歩行者をはねた後、ジョシュはすぐに車を止め、911に通報し、警察と救急車が到着するまで待ちました。彼は事故の捜査に全面的に協力しています」

イスラエル・サンチェスの遺族の弁護士であるニック・ローリーは『ヴァラエティ』誌に次のように語っている。「イスラエル・サンチェスをはねて、殺害した時に携帯電話で通話していた映像があります。イスラエル・サンチェスは家族にスープを作ろうとスーパーに向かうところで、家に帰ることはありませんでした。彼はすべて正しいことをやっていました。対向車線を確認し、歩行者標識を守っていました。しかし、クリングホッファー氏は電話をしながら急いでいて、大型SUVで致命的に彼をはねてしまいました。サンチェスの一家が今直面している損失と悲しみは計り知れません。サンチェス氏とその家族に説明責任と正義が果たされるまで止まることはありません」

ジョシュ・クリングホッファーは2009年から2019年までレッド・ホット・チリ・ペッパーズに在籍している。2020年にジョシュ・クリングホッファーはバンドを脱退しており、バンドとの間にわだかまりはないと語っている。

ジョシュ・クリングホッファーに代わってレッド・ホット・チリ・ペッパーズにはジョン・フルシアンテが復帰している。レッド・ホット・チリ・ペッパーズの脱退後、ジョシュ・クリングホッファーはパール・ジャムやジェーンズ・アディクションのツアー・メンバーとして活動している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ