Photo: GETTY

カルヴィン・ハリスとマイリー・サイラスは実現すると噂されていたコラボレーションが白紙になったと報じられている。

今年5月、カルヴィン・ハリスはソーシャル・メディアで「夏はもうすぐ」という言葉と共に穏やかなビーチの動画を公開していた。動画にはギターのアルペジオとテクノのビートに乗せて女性が「We were dancing, we were wild up in the ocean / Ocean, ocean / Love the way you lie me down and break me open / Open, open」と歌う音源が添えられていた。

カルヴィン・ハリスはさらにコメント欄でいつ曲がリリースされるかは「分からない」ものの、このコラボレーション曲を「リリースしようとしている」と述べていた。そのハスキーな歌声から次のサマー・アンセムに向けたマイリー・サイラスとのコラボレーションになるのではと見られていた。

しかし、今回、カルヴィン・ハリスのソーシャル・メディアからは曲を予告する投稿が削除されており、コラボレーションは「なくなった」のではないかと報じられている。

先日、カルヴィン・ハリスは2024年のブリット・アウォーズでフレッド・アゲイン、ロミー、ベッキー・ヒル、バリー・キャント・スウィムを凌いで、ダンス・アクト賞を受賞している。また、授賞式ではエリー・ゴールディングと共に“Miracle”のパフォーマンスを披露している。

カルヴィン・ハリスはリアム・ギャラガーとジェリー・シナモンと共に今年のTRNSMTフェスティバルのヘッドライナーを務めることが決定している。

また、カルヴィン・ハリスは自身の変わった時差ボケ対策法について明かしている。

BBCラジオ2の『ブレックファスト・ショウ』に出演したカルヴィン・ハリスはゾーイ・ボールに対して先日のフライトでの体験について語っている。「数週間前にブリティッシュ・エアウェイズに乗ったんだけど、フライト・アテンダントが自分の席で生卵を割って、口に入れている人なんて見たことがないと言われたんだ。でも、それがまさに僕だったんだよ。僕はそんなことをやっているんだ」

カルヴィン・ハリスは6つの卵を使うとのことで、次のように続けている。「白身を取り除いて、黄身だけを飲み込むんだ。そうすると、時差ボケがなくなることに気づいたんだよ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ