Photo: Dobie

ガリアーノは来たるニュー・アルバムより“Pleasure, Joy & Happiness”のカヴァーが公開されている。

“Pleasure, Joy & Happiness”はエディ・チャコンの楽曲のカヴァーで、8月30日にリリースされるニュー・アルバム『ハーフウェイ・サムウェア』に収録される。

“Pleasure, Joy & Happiness”のカヴァーはこちらから。

このカヴァーについてオリジナル・メンバーのロブ・ギャラガーは次のように語っている。「この楽曲をエディ・チャコンがチャーチ・オブ・サウンドで演奏している映像を観たり、ウィ・アウト・ヒア・フェスティバルでのパフォーマンスを目撃していくうちに、自然とユニークなフレンチ・ディスコのグルーヴが頭のなかをかけめぐったんだ。それから1年ほどしてガリアーノを再結成したとき、スタジオで最初にジャムったのがこの曲だった。準備不足であったものの、時代にフィットする軽快なタッチの内容でもあったし、私たちは制作を進行したんだ。結果、ただノスタルジーに浸るのではなく、自分たちのありのままの姿を表現できた気がする。 ライヴで演奏するときは、迷えるソウル・ガール&ボーイのために、最後にメイズの“Joy & Pain”を加えることにしたよ」

1988年にレーベル「アシッド・ジャズ」からデビュー・シングルをリリースしたガリアーノについて結成メンバーであるロブ・ギャラガーは「俺たちは皆、70年代のジャマイカンスタイルの本や古いラスト・ポエッツやワッツ・プロフェッツのレコードなど、手に入るものを使って遊んでいたんだ」と語っている。「数年間色々なものを再発見してきたんだけど、それが突然すべて統合され、かなりしっかりとした融合体ができたんだよ」

1997年の『ライヴ・アット・ザ・リキッド・ルーム』以来となる『ハーフウェイ・サムウェア』でロブ・ギャラガーとパートナーであるヴォーカリストのヴァレリー・エティエンヌはベーシストのアーニー・マッコーン、ドラマーのクリスピン・テイラー、キーボーディストのスキー・オークンフルというガリアーノの古参メンバーに加え、サックス奏者のジェイソン・ヤーベやパーカッショニストのクリスピン・ロビンソンといったゲストと共演している。

新作のトラックリストは以下の通り。

1. Brownswood Rockers / Golden Shovel (Someone Else’s Idea)
2. Dancin’ Your Own Time
3. Limebike Gttaway
4. General Rubbish vs The Sportswear Mystics
5. Tottenham
6. Crow Foot Hustling
7. Numbers Click
8. Circles Going Round The Sun
9. Golden Shovel 2
10. Jazz
11. Halfway Somewhere
12. Of Peace
13. Move As One
14. In The Brakes
15. 57th Min / Power and Glory
16. Kingsland Road
17. Cabin Fever Dub
18. Euston Warehouse
19. Pleasure, Joy & Happiness

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ