Photo: GETTY

デッド&カンパニーは2024年にラスベガスのスフィアで連続公演を行うことが決定している。

グレイトフル・デッドのボブ・ウェアとミッキー・ハート、ジョン・メイヤー、オテイル・バーブリッジ、ジェフ・チメンティ、ジェイ・レーンによるデッド&カンパニーはソーシャル・メディアで1月31日にスフィアで連続公演を行うことを発表している。

「2023年、デッド&カンパニーは最後のツアーを行いました」と動画には表示されている。「でも、音楽が止まらないようにする方法は他にもあります。楽しいものになるでしょう」

映像はその後、スフィアの屋外にグレイトフル・デッドの『スティール・ユア・フェイス』のロゴが登場する映像へと切り替わっている。

公演日程は発表されていないものの、米『ローリング・ストーン』誌はこの春に最低でも15公演が行われると報じている。

デッド&カンパニーはU2とフィッシュに続いてスフィアで連続公演を行うアーティストとなっている。

デッド&カンパニーは2023年に行われたラスト・ツアーを発表した際に次のように述べている。「現在、会場のブッキングの最終段階にあるのですが、噂はすぐに広まることは理解していますので、デッド&カンパニーが来年の夏に最後のツアーを行うことをまずはみなさんにお伝えしたかったのです」

ジョン・メイヤーは声明で次のように述べている。「エキサイティングで、祝祭的で、心のこもった最後の公演になることは間違いないから、全日程については注目しておいてくれ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ