Photo: GETTY

オリヴィア・ロドリゴはセカンド・アルバム『ガッツ』より“pretty isn’t pretty”の公式ライヴ・パフォーマンス映像が公開されている。

オリヴィア・ロドリゴはセカンド・アルバム『ガッツ』とその収録曲が第66回グラミー賞で6部門にノミネートされている。

“pretty isn’t pretty”の公式ライヴ・パフォーマンス映像はこちらから。

先立って公開されていた“all-american bitch”と“get him back!”の公式ライヴ・パフォーマンス映像はこちらから。

先日、オリヴィア・ロドリゴは自身の存在がビリー・アイリッシュの“Goldwing”のきっかけになったことについて語っている。

『ロサンゼルス・タイムズ』紙のインタヴューでビリー・アイリッシュはオリヴィア・ロドリゴについて「守ってあげたい」という気持ちが生まれたと語っている。

「誰しもの体験が人それぞれだと思う。誰も他の誰かの人生を体験することはできない。でも、オリヴィアを守ってあげたいという気持ちがあるの」とビリー・アイリッシュは語っている。

「最新作に“Goldwing”という曲があるんだけど、あれは彼女についての曲でもあるの」とビリー・アイリッシュは語っている。「彼女のことだけじゃないけど、書いている時に彼女のことを考えていた。彼女が出てきて、私よりも若くて、それまでは私よりも若い人がいなかった」

オリヴィア・ロドリゴはこの発言について自身の思いを語っている。「素敵なことだと思った。ビリ―はすごくやさしくて素晴らしい人よね。競争ではなくて、お互いのことを気遣うものだというのは本当に有り難いと思う。あの曲は大好きなの」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ