GETTY

Photo: GETTY

ニール・ヤングはスティーヴン・スティルスとロサンゼルスで4年ぶりに共演を果たしている。

ニール・ヤングはスティーヴン・スティルスが自閉症のための団体「オーティズム・スピークス」を援助するために毎年開催しているイベント「ライト・アップ・ザ・ブルース」に出演している。ニール・ヤングはソロで“From Hank To Hendrix”と“Comes A Time”を披露した後、プロミス・オブ・ザ・リアルを従えたパフォーマンスを披露している。

スティーヴン・スティルスはクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングの楽曲“Helpless”で演奏に加わっており、ジョー・ウォルシュも参加したステージでバッファロー・スプリングフィールドの“For What It’s Worth”、“Bluebird”、“Mr. Soul”も披露している。ニール・ヤングとスティーヴン・スティルスは1976年発表のジョイント・アルバムからの“Long May You Run”でパフォーマンスを締めくくっている。

観客が撮影したライヴ映像はこちらから。

スティーヴン・スティルスは今年1月に81歳で亡くなったデヴィッド・クロスビーに追悼の意を表して、デヴィッド・クロスビーの息子であるジェイムス・レイモンドと自身の息子であるクリスを迎えて、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングの“Wooden Ships”を披露している。

グラハム・ナッシュがスケジュールの都合で参加できなかったために、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングの存命のメンバーが全員集まるには至っていない。

今年2月、ニール・ヤングはカナダ政府が伐採企業による原生林の破壊を許可しないよう求める「ユナイテッド・フォー・オールド・グロース」の集会で4年以上ぶりのライヴを行っている。

「私がここに来たのはあそこの木々のためだけだ」とニール・ヤングは語っている。「あれらの古い木々は貴重で神聖なものだ。絶滅の恐れがある中で自然の力を見せてくれる。私たちに過去を示してくれる。私たちに未来を示してくれる。私が望むのはカナダ政府や産業分野にも認識してもらうことだ。これらの木々は長く存在してきた。カナダの敬意に値するよ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ