GETTY

Photo: GETTY

リアーナは来月開催される第95回アカデミー賞授賞式でパフォーマンスを行うことが正式発表されている。

今年のスーパーボウルのハーフタイム・ショーでパフォーマンスを行ったリアーナはアカデミー賞授賞式のステージで最優秀歌曲賞にノミネートされている“Lift Me Up”を披露するという。

“Lift Me Up”は『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』の監督であるライアン・クーグラー、スコアを手がけたルドウィグ・ゴランソン、ナイジェリア人シンガーのテムズもソングライターにクレジットされている。

昨年10月、ライアン・クーグラーは2016年発表の『アンチ』以来音楽をリリースしていなかったリアーナをどうやって説得したかについて説明している。

「自分だけの手柄じゃないんだ」とライアン・クーグラーは語っている。「僕らにはすごい作曲家であるルドウィグ・ゴランソンがいたからね。彼は音楽プロデューサーで、評判もあった。彼はチャイルディッシュ・ガンビーノの“This Is America”を手がけているからね」

「映画は大きな要因となった。ジェイ・ブラウン、ロック・ネイション、ジェイ・Zには感謝するよ。彼らは友人で、紹介してくれたんだ」

彼は次のように続けている。「リアーナはキャリアを通して音楽のカタログを作ってきて、今はメイクアップや服のラインを提供している。彼女がマイクを置いても世界は理解すると思う。彼女の音楽は大好きだから、自分には完全に理解できるんだ。彼女は僕らの求めたことにすべて答えてくれたと思う」

「でも、事実としては映画の物語を伝えてくれる素晴らしいアーティストを探していた。映画のテーマを理解して、別のパッケージでも観客に提示できるアーティストを探していたんだ」

リアーナは来たる通算9作目となるアルバムについて今年リリースされなかったら「バカげている」と語っている。

「今年リリースしたいと思っている」と彼女は語っている。「正直、今年じゃないなんてバカげているわ。でも、楽しみたいとも思っている。音楽を作りたいし、ミュージック・ビデオも作りたいからね」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ