Pennie Smith

Photo: Pennie Smith

ザ・クラッシュはシェイ・スタジアムのライヴ映像より“Should I Stay or Should I Go”の映像がYouTubeで公開されている。

これは1982年10月に行われたザ・フーのサポート・アクトだったシェイ・スタジアム公演で収録されたもので、“Should I Stay or Should I Go”と“Career Opportunities”の映像はクリップとしてオンエアされてきた。

YouTubeで公開された映像はこちらから。

ザ・クラッシュは名作『コンバット・ロック』のスペシャル・エディション『コンバット・ロック/ザ・ピープルズ・ホール(40周年記念盤)』が5月20日にリリースされることが決定している。

本作は存命中のメンバーによって選曲された12トラックを追加収録したもので、日本盤は5月25日のリリースとなる。なお1枚組のアナログ盤もリリースされる。

追加の12トラックにはザ・ピープルズ・ホールで録音された音源が収録される。

その中にはザ・ローリング・ストーンズのモービル・スタジオを使ってレコーディングされた“Know Your Rights”と完全未発表のインストゥルメンタル曲“He Who Dares Or Is Tired”、“The Escapades of Futura 2000”の未発表オリジナル・ミックスである“Futura 2000”、マイキー・ドレッドの“Radio One”、“The Beautiful People Are Ugly Too”というタイトルが付けられていた“The Fulham Connection”、“Idle in Kangaroo Court”などが収められている。

リリースの詳細は以下の通り。

ザ・クラッシュ 
『コンバット・ロック/ザ・ピープルズ・ホール(40周年記念盤)』 
COMBAT ROCK / THE PEOPLE’S HALL 
5月25日発売/Blu-spec CD2
解説・歌詞・対訳付/SICP-31538~9(2枚組)/定価:¥3,300+税 
DISC 1 
コンバット・ロック 
1. 権利主張 
2. カー・ジャミング 
3. ステイ・オア・ゴー 
4. ロック・ザ・カスバ 
5. レッド・エンジェル・ドラグネット 
6. ストレイト・トゥ・ヘル 
7. オーヴァーパワード・バイ・ファンク 
8. アトム・タン 
9. シーン・フリン 
10. ゲットーの被告人 
11. イノキュレイテッド・シティ 
12. デス・イズ・ア・スター 
 
DISC 2 
ザ・ピープルズ・ホール 
1. アウトサイド・ボンズ  
2. レディオ・クラッシュ  
3. フューチュラ2000  
4. ファースト・ナイト・バック・イン・ロンドン 
5. レディオ・ワン – マイキー・ドレッド  
6. ヒー・フー・デアーズ・オア・イズ・タイアード * 
7. ロング・タイム・ジャーク  
8. ザ・フルハム・コネクション 
9. ミッドナイト・トゥ・スティーヴンス  
10. シーン・フリン  
11. アイドル・イン・カンガルー・コート  
12. 権利主張 * 
*Previously unreleased 

ザ・クラッシュ 
『コンバット・ロック (40周年記念Clear Vinyl)』 
COMBAT ROCK (Clear Vinyl) 
5月25日発売/完全生産限定盤
ソニーミュージックグループ自社一貫生産アナログレコード
解説・歌詞・対訳付/SIJP-1046/定価:¥3,800+税 
SIDE A 
1 権利主張 / Know Your Rights 
2 カー・ジャミング / Car Jamming 
3 ステイ・オア・ゴー / Should I Stay or Should I Go? 
4 ロック・ザ・カスバ / Rock the Casbah 
5 レッド・エンジェル・ドラグネット / Red Angel Dragnet 
6 ストレイト・トゥ・ヘル / Straight to Hell 
SIDE B 
1 オーヴァーパワード・バイ・ファンク/Overpowered by Funk 
2 アトム・タン / Atom Tan 
3 シーン・フリン / Sean Flynn 
4 ゲットーの被告人 / Ghetto Defendant 
5 イノキュレイテッド・シティ / Inoculated City 
6 デス・イズ・ア・スター / Death Is a Star 

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ