GETTY

Photo: GETTY

ザ・ロカストで長年ドラマーを務めてきたゲイブ・セルビアンが亡くなった。享年44歳だった。

訃報はザ・ロカストのソーシャル・メディアで発表されており、ゲイブ・セルビアンは現地時間4月30日に亡くなったという。「友人であり、家族の一員であり、ミュージシャンであり、アーティストであるゲイブのことを世界は惜しむことになるでしょう」

「彼はその時の中で繋がった人々を通して、様々な形で生き続けていくことになるでしょう。5月1日は彼の誕生日でした。彼の人生を祝福する方法を見つけてください。この困難な時期はゲイブの家族のプライバシーに御配慮いただければと思います」

ザ・ロカストのフロントマンであるジャスティン・ピアソンはインスタグラムで次のように追悼の意を表している。「自分にもこの世界における物事の成り立ちを少しでも理解できたらと思っています。ゲイブ・セルビアンは昨日亡くなり、今日は45歳の誕生日になるはずでした。彼は私が出会ってきたどの人間とも違いました。彼は最もいない類の人物でした」

「彼とは音楽を通してテレパシーで繋がっていたと考えたいと思っています。今後の人生でもステージに上がる度に彼は一緒にいてくれると思います。この星で彼と一緒に共有できたあらゆる瞬間に感謝します。既に想像もできないほど、彼のことが惜しまれます。彼のことを永遠に惜しむことになるでしょう」

ゲイブ・セルビアンは1998年にザ・ロカストに加入して、同年にリリースされたデビュー・アルバムではギターを担当している。2001年にドラムに変更した彼は亡くなるまでドラムを担当している。ザ・ロカストはデビュー作に加えて、2003年発表の『プレイグ・サウンドスケープス』、2007年発表の『ニュー・イレクションズ』という2枚のフル・アルバムをリリースしており、EPやコンピレーション、ライヴ・アルバムもリリースされている。

ザ・ロカスト以外ではゲイブ・セルビアンは1996年から2001年までカトル・ディキャピテーションに参加しており、レ・ブチェレッツやズーと共演している。ゲイブ・セルビアンはザ・ロカストの他のメンバーとリートクス、ホーリー・モーラー、ヘッド・ワウンド・シティといったサイド・プロジェクトでも活動しており、ブラッド・ブラザーズのメンバーやヤー・ヤー・ヤーズのニック・ジナーが参加している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ