GETTY

Photo: GETTY

ザ・ストロークスはアルゼンチン版ロラパルーザでヘッドライナーを務め、2022年初となるライヴを行っている。

ザ・ストロークスはブエノス・アイレスのサンイシドロ競馬場で行われたロラパルーザで2日目のヘッドライナーを務めており、他のヘッドライナーはドージャ・キャットとマシン・ガン・ケリーとなっている。

ザ・ストロークスがライヴを行うのは昨年11月にニューヨークのブルックリン・スティールで行われた公演以来で、2020年発表の最新作『ザ・ニュー・アブノーマル』より“Eternal Summer”をライヴで初披露している。

パフォーマンス映像はこちらから。

この日のライヴでは“Electricityscape”と“Trying Your Luck”が2017年以来となる形で演奏されており、“Youre So Right”が演奏されたのは2016年以来となっている。

その他のパフォーマンス映像はこちらから。

この日のセットリストは以下の通り。

Bad Decisions
You Only Live Once
Under Control
Juicebox
The Adults Are Talking
Electricityscape
Take It or Leave It
Razorblade
Trying Your Luck
Brooklyn Bridge to Chorus
Hard to Explain
Someday
Eternal Summer
Youre So Right
Reptilia

Killing Lies
New York City Cops
Ode to the Mets

先日、ザ・ストロークスは延期されていた大晦日の公演の振替日程を発表しており、4月6日にブルックリンのバークレイズ・センターで公演を行うことが決定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ