GETTY

Photo: GETTY

ロシアがウクライナに昨日侵攻したことを受けて音楽界の人物からも反応を呼んでいる。

ウクライナはロシアのプーチン大統領が隣国への侵攻を命じたことを受けて、ロシアとの国交を正式に断絶し、戒厳令を発令している。ウクライナはプーチン大統領が「ウクライナへの本格的な侵略を開始した」と述べている。

ロシア軍はウクライナ軍の拠点や国境ポストへの空爆を行っており、隣国のベラルーシを含む複数の場所からロシア軍の車両が国境を突破したとも報じられている。

ロシアは今回の行動についてウクライナの侵略ではなく、「特別軍事作戦」だと主張しているが、世界中から多くの非難を呼んでいる。

AP通信によれば、世界各国はロシアに対して強力な新制裁を準備しているが、ウクライナ防衛のための共同の軍事介入は現在のところ検討されていないという。

ジョー・バイデン米大統領はウクライナが「ロシア軍によるいわれのない不当な攻撃を受けている」として「プーチン大統領は破滅的な人命の損失と苦痛をもたらす戦争を選んだ」と述べ、「厳しい」制裁を約束している。

ボリス・ジョンソン英首相はウクライナでの紛争勃発は「我々の大陸にとっての破局」であると述べている。

フォールズのヤニス・フィリッパケス、ブリング・ミー・ザ・ホライズンのオリヴァー・サイクス、フランツ・フェルディナンドのアレックス・カプラノスらはロシアによるウクライナ侵攻についてソーシャル・メディアで反応を示している。

フォールズのヤニス・フィリッパケスは「愛と勇気をウクライナにいるすべての友人に」と述べている。

ブリング・ミー・ザ・ホライズンのオリヴァー・サイクスは「祈りをウクライナと共に。何度も訪れて仕事をしてきた非常に特別な国で、多くの友人がいて、心の中でも特別な場所にあります。こんなことが起こったことが信じられません。ファック、プーチン」と述べている。

フランツ・フェルディナンドのアレックス・カプラノスは次のように述べている。「ウクライナの人々に心を寄せ、ロシアによる侵略を明確に非難します。バンドとライヴをした時、幸運にもキエフやオデッサといった美しい都市で時間を過ごすことができました。私が会った人はあたたかかったですが、今起きていることを見て、私の大好きな思い出は筆舌に尽くしがたい悲しみに染まっています」

彼は次のように続けている。「ウクライナはロシアにとって脅威ではありません。プーチンには国境で立ち止まるつもりはなく、彼が目論んでいるのは少なくともソビエト連邦の国境だと考えてください。ロシアの人々にも同情しており、私が会ってきた人々はこの行動に驚いており、この行動がどんな恐ろしい結果を生むかを知っているはずです。それは我々全員にとってでもあります」

「最終的に今回の行動はプーチンの終わりとなるでしょう。しかし、どれだけ恐ろしい代償を生むのでしょうか?」

人口4400万人のウクライナはロシアとEUの両方に隣接しており、ロシアはNATOやEUといったヨーロッパの制度を受け入れようとするウクライナの動きに長い間抵抗してきた。プーチンは30カ国からなるNATOに加盟しないこと、ウクライナが非軍事化して中立国になることを保証するよう要求している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ