GETTY

Photo: GETTY

ウッドストック・フェスティバルの主催者であるマイケル・ラングが亡くなった。享年77歳だった。

一家のスポークスパーソンであるマイケル・パグノッタは悪性リンパ腫の合併症によってマイケル・ラングが亡くなったと発表している。

「伝説的なウッドストックの象徴にして、長年の家族ぐるみの友人であるマイケル・ラングが短い闘病の末に77歳で亡くなったと聞いて、とても悲しいです。安らかに」とマイケル・パグノッタは述べている。

ブルックリン出身で大学を退学したマイケル・ラングはイベントを手掛けるためにマイアミに移り、ジミ・ヘンドリックスが出演した1968年のマイアミ・ポップ・フェスティバルを開催している。

翌年、24歳のマイケル・ラングはビジネスマンのジョン・ロバーツ、ジョエル・ローゼンマン、音楽プロモーターのアーティ・コーンフェルドと共にウッドストック・フェスティバルを開催している。フェスティバルにはジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョプリン、ジェファーソン・エアプレイン、クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル、グレイトフル・デッド、ザ・フー、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、ジョー・コッカー、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングらが出演している。

「愛と平和と音楽の三日間」と題されたウッドストック・フェスティバルには40万人が集まり、オルタナティヴ・カルチャーにおいて極めて重要な瞬間として歴史に刻まれている。

ウッドストック・フェスティバルは不人気なベトナム戦争が続いていたアメリカ社会が大きく揺れ動いていた時代に開催されている。そのヒッピー・ムーヴメントはアート、ファッション、映画、音楽に影響を与えている。

「ウッドストック・フェスティバルは人々に望むのであれば、よりよき自分を表現する環境を提供しました」とマイケル・ラングは2019年に『ポールスター』に語っている。「歴史においても最も平和的なイベントと言えるかもしれません。それはあの場で人々が生み出したかったものと期待のおかげです」

マイケル・ラングは1970年に公開されたドキュメンタリー映画『ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間』にも出演しており、ナイン・インチ・ネイルズ、グリーン・デイレッド・ホット・チリ・ペッパーズらが出演したウッドストック ’94、リンプ・ビズキット、メタリカレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンらが出演したウッドストック ‘99もプロデュースしている。

マイケル・ラングはジェイ・Z、マイリー・サイラス、ザ・キラーズ、ホールジーらが出演する予定だった2019年8月開催を予定していたウッドストック50にも携わっていた。

財政的支援者が撤退した後、マイケル・ラングは次のように述べている。「ウッドストックは人々のものであり、今後もそれは続くでしょう。私たちは止めるつもりはありませんし、ウッドストック50は開催され、最高の体験になるでしょう」

しかし、最終的に2019年7月にウッドストック50は正式に開催されないことが発表されていた。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ