GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュ、フィニアス・オコネル、ハンス・ジマーは今年のゴールデン・グローブ賞を受賞している。

1月9日に開催された今年のゴールデン・グローブ賞の授賞式は主催者であるハリウッド外国人記者協会の多様性と慣例を巡る議論を受けて非公式で開催され、大物のスターは出席していない。

しかし、ビリー・アイリッシュとフィニアス・オコネルは映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』に提供した主題歌“No Time To Die”が主題歌賞を受賞している。

映画『007』シリーズで主題歌賞を受賞したのはアデルの“Skyfall”、サム・スミスの“Writing’s On The Wall”に続いて3曲目となっていて、過去の2曲がアカデミー賞を受賞したことを考えると、“No Time To Die”はアカデミー賞の歌曲賞の最有力候補と言える。

映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』にスコアを提供したハンス・ジマーは映画『DUNE/デューン 砂の惑星』のスコアで作曲賞を受賞している。ハンス・ジマーは1995年公開の『ライオン・キング』、2001年公開の『グラディエーター』に続いて3度目の受賞となっている。

今年最多受賞となったのは、ドラマ部門の作品賞、ジェーン・カンピオンの監督賞、コディ・スミット=マクフィーの助演男優賞を受賞した映画『パワー・オブ・ザ・ドッグ』と、ミュージカル・コメディ部門の作品賞、レイチェル・ゼグラーの主演女優賞、アリアナ・デ・ボーズの助演女優賞を受賞した映画『ウエスト・サイド・ストーリー』となっている。

テレビ部門では作品賞(ドラマ部門)、ジェレミー・ストロングの主演男優賞、サラ・スヌークの主演女優賞を受賞した『メディア王 ~華麗なる一族~』が最多となっている。

今年のゴールデン・グローブ賞の授賞式はハリウッド外国人記者協会に黒人がいないという多様性の欠如からテレビ中継が見送られている。スカーレット・ヨハンソンは「ハリウッド外国人記者協会会員からセクシャル・ハラスメントに近い性差別的な質問や発言を受けた」とも語っている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ