GETTY

Photo: GETTY

エミネムはNFTに関心を持ったようで、彼に模したボアード・エイプのNFTに45万ドル(約5200万円)を費やしたと報じられている。

エミネムは公式ツイッターのアカウント画像をボアード・エイプのNFTに変更している。このNFTは当初「@Gee__Gazza」というツイッター・ユーザーが所有していたが、彼はNFTをエミネムに直接売却している。仮想通貨のニュース・サイトである『デクリプト』はエミネムが123.45イーサリアムで購入したと報じており、これは45万ドルに相当する。

NFTの猿は白の毛で、グレイの帽子を被って、金色のジャケットにチェーンを合わせている。@Gee__Gazzaは売却できたことについて信じられない思いを吐露している。

『デクリプト』は今回のアートワークがエミネムが購入した15点のNFTの1点だとしていて、NFTのマーケットプレイスであるオープンシーにはシェイディ・ホールディングスというハンドル名のアカウントが存在していたと報じている。

エミネムの他にも有名人ではジミー・ファロン、バスケットボール選手のステフィン・カリー、スヌープ・ドッグもボアード・エイプのNFTを所有している。

昨年、エミネムはデトロイトにマムズ・スパゲッティのポップアップ・ショップをオープンさせており、アクション・フィギュアなどの新しいマーチャンダイズも販売している。

一方、オジー・オズボーンは「クリプトバッツ」と題した初のNFTのコレクションを販売することを発表している。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ