BRIT Awards

Photo: BRIT Awards

ホリー・ハンバーストーン、ブリー・ランウェイ、ローラ・ヤングは来年のブリット・アウォーズにおけるライジング・スター賞の最終候補となっている。

2018年と2020年同様、3組の候補は全員女性ソロ・アーティストとなっている。2021年はグリフが同賞を受賞しており、2020年はセレステが受賞している。

音楽業界の専門家によって決められるブリット・アウォーズのライジング・スター賞は2021年10月31日までに全英チャートでアルバムやシングルが20位以内に入っていないアーティストが対象となる。

ホリー・ハンバーストーンは最新EP『ザ・ウォールズ・アー・ウェイ・トゥー・シン』を今月リリースしている。

ライジング・スター賞の最終候補になったことについてホリー・ハンバーストーンは次のように述べている。「本当かどうか確かめるために自分をつねってみた。これって本当にすごいことだわ。ブリット・アウォーズにノミネートされるなんて。なんてこと。ありがとう」

ホリー・ハンバーストーンは次のように続けている。「音楽は常に私の全人生だった。このような栄えある賞にノミネートされて本当にありがたいです」

「こうした形でブリット・アウォーズに認めてもらえて光栄です。特に過去にノミネートされたアーティストも素晴らしいことをやっていることを考えると、興奮しています。私も同じような幸運に恵まれることを願っています」とブリー・ランウェイは語っている。

「ブリット・アウォーズの授賞式に出席することはずっとやりたかったことだけど、ライジング・スター賞の候補で出席できるなんて夢だわ」

ローラ・ヤングは今年のジョン・ルイスのクリスマスCMでヴォーカルを務めている。フィリップ・オーキーとジョルジオ・モロダーによる1984年のヒット曲“Together In Electric Dreams”のカヴァーをコマーシャルに提供している。

「この賞の最終候補になったことが信じられないわ」とローラ・ヤングは述べている。「完全に予想していなかったし、現実とは思えませんでした。過去にノミネートされたアーティストを見て自分をつねってみたわ」

「私にとって大きなステップで、ノミネートされたことに非常に興奮しています」

ブリット・アウォーズのライジング・スター賞の受賞者は12月10日に発表される。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ