GETTY

Photo: GETTY

ジェネレーションZ世代はミレニアル世代よりも多くのアナログ盤を購入しているという調査結果が発表されている。

MRCデータが行った調査は2週間の間に13歳以上の4041人に音楽的影響や購入動向について訊いたもので、一般的に1997年から2012年の間に生まれたとされるジェネレーションZ世代の15%が過去12ヶ月にアナログ盤を購入したことがあると回答しているという。

一方、ミレニアル世代は11%がアナログ盤を購入したことがあると回答している。

イギリスにおける2020年のアナログ盤の売上は1990年代初頭以来の高さを記録している。

英国レコード産業協会の発表によれば、購入された全アルバムの5分の1がアナログ盤となっていて、480万枚のセールスを記録している。これは2019年を上回るもので、1990年代初頭以来の高さとなっている。

レコード・ストア・デイやナショナル・アルバム・デイといったキャンペーンが独立系レコード店や専門チェーン店での売上を後押ししている。

昨年9月、2020年の上半期にアメリカでは34年ぶりにアナログ盤の売上がCDの売上を上回ったことが明らかになっていた。

アメリカレコード協会の発表によれば、2020年上半期のアナログ盤の売上は2億2310万ドル(約246億円)で、CDの売上は1億2990万ドル(約138億円)だった。アナログ盤の売上がCDを上回るのは1986年以来となっている。

一方、U2、フリートウッド・マック、ラナ・デル・レイなどは今年のレコード・ストア・デイのブラック・フライデーに限定商品をリリースすることが決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ