2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

Photo: 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ザ・ビートルズのドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』について監督のピーター・ジャクソンは驚くべき点について語っている。

ピーター・ジャクソンは新たなインタヴューで1969年に撮影された映像を下に作り直した作品について語っている。

音楽よりも会話に重点を置いたという『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』についてピーター・ジャクソンは非常に「至近距離」なものとなっていると語っている。

「二つの理由でこのシリーズについては驚くと思うよ」とピーター・ジャクソンは『GQ』誌に語っている。「一つは想像しているよりもものすごく至近距離なものとなっているんだ。みんな、MTVっぽい音楽ドキュメンタリーは観慣れていると思うけど、ポップな感じでまとめられていて、音楽、音楽、音楽だろ? 音楽をこの映画の前面には出してないんだ。音楽の裏にあるものが前面に出ているんだよ」

「ルーフトップ・コンサートでさえ、常に通りの様子や警察官、そういったいろんなものが差し込まれているんだ」

「これはシリーズ全体に言えることなんだよね。曲を演奏するMTVのミュージック・ビデオの映像とは違うんだ。歌うよりも映画ではザ・ビートルズの会話のほうが使われているんだよ」

二つ目の驚く点についてピーター・ジャクソンは映像に溢れるユーモアを挙げている。

「もう一つ驚くと思うのは映画が笑えるものになっていることでね。映像や映画『レット・イット・ビー』の評判を考えると、1969年1月からは想像もつかないかもしれないけど、すごく笑える映画になっているんだ」

ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』はディズニープラスで11月25日、11月26日、11月27日にそれぞれ2時間の長さの3部作として配信される。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ