GETTY

Photo: GETTY

ジョン・メイヤーは最新シングル“Last Train Home”の美しいアコースティック・バージョンが公開されている。

ジョン・メイヤーの通算8作目となるニュー・アルバム『ソブ・ロック』から公開された“Last Train Home”のオリジナルにはマレン・モリスがヴォーカルで参加しており、80年代のヨット・ロックの雰囲気でレコーディングされている。

ジョン・メイヤーはインスタグラムでアコースティック・バージョンを今回公開している。

「新曲をアコースティック・ギターで披露してみることにしたんだ」と彼は述べている。「このような形でみんながこの曲を受け入れてくれたことに感謝しきれないよ。みんなにアルバムを聴いてもらえることがより楽しみになったよ」

公開された映像はこちらから。

ジョン・メイヤーは新作『ソブ・ロック』を7月16日にリリースすることを先月発表している。

2017年発表の『ザ・サーチ・フォー・エヴリシング』以来となる新作は破局と向き合うことのゆるやかなコンセプト・アルバムとなっているという。

アルバムのトラックリストは以下の通り。

01. ‘Last Train Home’
02. ‘Shouldn’t Matter But It Does’
03. ‘New Light’
04. ‘Why You No Love Me’
05. ‘Wild Blue’
06. ‘Shot In The Dark’
07. ‘I Guess I Just Feel Like’
08. ‘Til The Right One Comes’
09. ‘Carry Me Away’
10. ‘All I Want Is To Be With You’

また、ジョン・メイヤーはストリーミング・サービス「パラマウント+」でトーク番組の司会を務める契約するのではないかと報じられている。番組は「時間外営業のクラブでミュージシャン、アーティスト、文化人などと」行うインタヴュー部分とパフォーマンス部分で構成される。

一方、ビッグ・ショーンはジョン・メイヤーと作った3曲の未発表曲があることを明かしている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

ビッコレ
ビッコレ
関連タグ