GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトは『世界にひとつのプレイブック』や『アメリカン・ハッスル』で知られるデヴィッド・O・ラッセルの新作映画に出演することが明らかになっている。

『ショウビズ411』がこのニュースを最初に報じており、映画の製作は既に終了している。

テイラー・スウィフトの他、同作にはクリスチャン・ベイル、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントン、ロバート・デ・ニーロ、ラミ・マレック、マイク・マイヤーズ、ゾーイ・サルダナ、アニャ・テイラー=ジョイ、クリス・ロック、マイケル・シャノンらが出演することがこれまでに発表されていた。

映画のタイトル、あらすじ、公開日については現時点で明らかにされていない。デヴィッド・O・ラッセルは監督と脚本を手掛けており、2015年公開の『ジョイ』以来の長編プロジェクトとなっている。同作はディズニー傘下の20世紀スタジオより公開される。

テイラー・スウィフトの映画出演は2019年公開の『キャッツ』以来で、同作にはオリジナル曲“Beautiful Ghosts”も提供していた。

テイラー・スウィフトの映画初出演は2010年公開の『バレンタインデー』となっていて、2012年公開のアニメーション『ロラックスおじさんの秘密の種』には声優として出演し、2014年公開のSF映画『ギヴァー 記憶を注ぐ者』にも出演している。ネットフリックスでは2020年にドキュメンタリー『ミス・アメリカーナ』が配信されている。

先日、テイラー・スウィフトは『エヴァ―モア』でアメリカにおける1週間のアナログ盤の売上記録を塗り替えている。

テイラー・スウィフトは4月に再レコーディングしたアルバム『フィアレス(テイラーズ・バージョン)』をリリースしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ