GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーは2011年発表のソロ・デビュー作『ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ』が「次のオアシスのアルバム」になるはずだったことを明かしている。

『ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ』は2009年のオアシス解散を経て、2011年10月にリリースされている。

『モジョ』誌のインタヴューでアルバム『ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ』はソロ・プロジェクトを目的としたものだったかと訊かれたノエル・ギャラガーは次のように答えている。「いや、あれは次のオアシスのアルバムになる予定だったんだ」

「オアシスの最後のツアーで“If I Had a Gun”、“Everybody’s On the Run”、“(I Wanna Live In A Dream In My) Record Machine”を書いたんだ」と彼は振り返っている。

「“AKA… What a Life!”が最後に書いた曲だった。あれがソロ・アーティストとしての自分の誕生だったんだ」

ノエル・ギャラガーはオアシスの最後の時期にメンバーが音楽的実験をしようとしなかったことにフラストレーションを感じていたと語っている。

リアム・ギャラガーをこき下ろしているように聞こえないようにこれを言うのは難しいんだけどさ。あいつの音楽的趣味は俺よりも保守的だったんだよね」とノエル・ギャラガーは語っている。「文字通り、ザ・ビートルズジョン・レノンを聴いているからね。そういうことだよ」

彼は次のように続けている。「2000年発表の『スタンディング・オン・ザ・ショルダー・オブ・ジャイアンツ』をやっていた時にプロデューサーのスパイク・ステントがドラム・マシーンを持ち出してきたんだけどさ。俺は言ったんだ。『あいつが40分で来るから、部屋からそれを出しておいたほうがいい。怒るだろうからね。光るライトを見ると、怒り出すからね』ってね」

ノエル・ギャラガーはオアシスが「大きなブランド」で「そこから外に踏み出すのは難しかった」とも語っている。

「ボーンヘッドもギグスもバンドを脱退した理由を言ったことはないけど、でもあいつらは『音楽が変わってしまった。昔と違う』と思ったんだと思う」

「でも、俺は満足できなかったんだよ。バンドメンバーに曲を聴かせる時はやつらを立たせて『素晴らしい』と言わせなきゃいけないんだけどさ。誰かが気乗りしなくて、それがシンガーだった時には忘れたほうがいい。実現しないからね。親の愛情みたいなものだよね。人を喜ばせるためにやるんだ」

先日、ノエル・ギャラガーはオアシスを再結成する価格について1億ポンド(約150億円)だと語っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ