GETTY

Photo: GETTY

DMXは来週ブルックリンでお別れの会が開催されることがマネージャーによって発表されている。

DMXはオーヴァードーズを原因とした心臓発作で亡くなっている。

DMXのマネージャーのスティーヴ・リフキンドは現地時間4月24日にブルックリンのバークレイズ・センターでお別れの会が開催されると『TMZ』に語っている。お別れの会はニューヨークの協会でプライベートで開催される葬儀の前日に開催される。

チケットの提供方法や参加できる人数など、これ以上の詳細は現時点で発表されていない。バークレイズ・センターは営業しているが、新型コロナウイルスの制限で収容人数の10%しか入場できない。

ニューヨーク市長のマイク・スパノは屋外のヨンカーズ・レースウェイでお別れの会を開催することを提案していたが、代わりにバークレイズ・センターが会場として選ばれている。DMXは幼少期をマンハッタン北部からブロンクスにかけた地域で暮らしていた。

『TMZ』によれば、マイク・スパノは銅像や通りの名前などでDMXを偲ぶことを計画しているという。

DMXはフレンチ・モンタナとスウィズ・ビーツが参加した新曲“Been To War”が公開されている。これはドラマ『ゴッドファーザー・オブ・ハーレム』のために書かれた楽曲となっている。

DMXの死を受けてそのストリーミング数はアメリカで928%の伸びを見せている。4月7日から8日にかけて736万回の再生数であったのに対して、4月9日から10日は7570万回再生されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ