GETTY

Photo: GETTY

ブラック・サバスのトニー・アイオミはキッスのジーン・シモンズによる「ロックは死んだ」の議論に加わっている。

ジーン・シモンズは2014年のインタヴューでロックには未来はないという見解を語っており、最近のインタヴューでも改めてそのことを主張している。

「ロックは死んだんだ。最近のバンドはグラマーで興奮させてくれる壮大なものを作るのに時間をかけてない」とジーン・シモンズは『ガルフ・ニュース』に語っていた。

「つまりフー・ファイターズは素晴らしいバンドだけど、結成20年だろ。1958年から1988年を振り返ってみればさ、30年間だけど、その間にエルヴィス・プレスリー、ザ・ビートルズ、ジミ・ヘンドリックス、ザ・ローリング・ストーンズなんかがいたわけでね」

この発言を受けてアリス・クーパーは『NME』のインタヴューで次世代のロックスターは自分の家で大きな成果を達成する態勢を整えているところだと述べている。

今回、トニー・アイオミは『コンシークエンス・オブ・サウンド』で自身の見解を明かしている。「ロックは死なないと思うよ。長年そうやって言われてきたけどさ。過去50年間で何度聞いてきたと思っているんだ。本当に何回も聞いてきたからね」

彼は次のように続けている。「素晴らしい音楽がなくなることはないからね。常にその市場はあるはずだよ。途中で落伍するバンドもたくさんいるだろうしね。ずっとあるはずだよ」

先日、ジーン・シモンズは改めてロックは死んだという発言についての真意を語っている。

「要するにロックは死んだんだ。1958年から1988年の30年間を見れば、エルヴィスがいて、ザ・ビートルズがいて、ザ・ローリング・ストーンズがいて、ピンク・フロイドなんがいるわけだからね」

「ヘヴィな分野ではメタリカ、アイアン・メイデンがいて、キッスも入れてもらえたら嬉しいよ。そして、AC/DCなんかがいた。U2も、プリンスも、デヴィッド・ボウイも、イーグルスもいて、ディスコもあれば、マドンナもいて、モータウンもあった。1988年から現在までを見た時に、新しいザ・ビートルズは誰なんだ?」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ