PRESS

Photo: PRESS

グリーン・デイは新曲2曲を収録した新たなベスト・アルバム『ゴッズ・フェイヴァリット・バンド』の詳細を発表している。

グリーン・デイは2002年にベスト・アルバム『インターナショナル・スーパーヒッツ!』をリリースしているが、それ以降に6枚のアルバムをリリースしており、最新作は2016年リリースの『レボリューション・レディオ』となっている。

『グレイテスト・ヒッツ:ゴッズ・フェイヴァリット・バンド』は11月17日にリリースされる。アルバム・タイトルは今年アメリカのテレビ番組「ザ・レイト・ショウ・ウィズ・スティーヴン・コルベア」で神からの紹介でパフォーマンスを行ったことに由来するという。

キャリア全体に及ぶこのアルバムには新曲“Back In The USA”と、ミランダ・ランバートとのデュエットによる“Ordinary World”が収録される。フロントマンのビリー・ジョー・アームストロングは2014年のグラミー賞授賞式で、エヴァリー・ブラザーズのフィル・エヴァリーの追悼パフォーマンスでミランダ・ランバートとコラボレーションしている。

アルバムのトラックリストは以下の通り。

1. ‘2000 Light Years Away’
2. ‘Longview’
3. ‘Welcome To Paradise’
4. ‘Basket Case’
5. ‘When I Come Around’
6. ‘She’
7. ‘Brain Stew’
8. ‘Hitchin’ a Ride’
9. ‘Good Riddance (Time of Your Life)’
10. ‘Minority’
11. ‘Warning’
12. ‘American Idiot’
13. ‘Boulevard of Broken Dreams’
14. ‘Holiday’
15. ‘Wake Me Up When September Ends’
16. ‘Know Your Enemy’
17. ‘21 Guns’
18. ‘Oh Love’
19. ‘Bang Bang’
20. ‘Still Breathing’
21. ‘Ordinary World’ (featuring Miranda Lambert)
22. ‘Back In The USA’

グリーン・デイは先日ハリケーン・ハーヴィーの被災者に10万ドル(約1080万円)を寄付している。

先月、ヒューストン一帯を壊滅的な状態にして、テキサス州とルイジアナ州合わせて65人の死者を生むことになったハリケーン・ハーヴィーを受けて、グリーン・デイも経済的支援を申し出たアーティストの1人となっている。

グリーン・デイはハリケーン以前からテキサス州で救援活動を行ってきた健康支援団体であるアメリケアーズに直接寄付を行っているう。また、グリーン・デイはフェイスブックで楽屋でのライヴの生中継を行っており、記事執筆時点でアメリケアーズに対する143625ドル(約1550万円)の寄付を集めている。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ