GETTY

Photo: GETTY

アリアナ・グランデは先日の韓国公演の際、「無神経」で「失礼」だったとの非難を受けて、ソーシャル・メディアで応じている。

アリアナ・グランデは現地時間8月15日にソウルにある高尺(コチョク)スカイドームで「デンジャラス・ウーマン」ワールド・ツアーの一環としてパフォーマンスを行っている。

アリアナ・グランデは韓国のファンに「冷淡な」態度を示したとして非難されており、公演のスポンサーであるヒュンダイ・カードが後にフェイスブックに投稿された声明の中で謝罪する事態となっている。声明では「不快感」と「迷惑」を与えたことを謝罪している。

同社のCEOであるチョン・テヨンもフェイスブックで、アリアナ・グランデが「コンサートの直前に到着して、そして記者を避けて、すぐに立ち去ったことでコンサート自体が機械的だったような印象を残しました」と述べている。

「もし韓国の現況を気にしてくださるのであれば、マンチェスターで見せた勇気と誠意を示してくださったら、素晴らしいことになったでしょう」とチョン・テヨンは述べている。「もしくは彼女が正直になって、コンサートを中止したほうが良かったかと思います」

これを受けてアリアナ・グランデはツイッターに次のように綴っている。「私はこうしたライヴやみんなとのすごく特別な時間を大切にしてるの。あらゆる瞬間瞬間を楽しんでいるし、常にみんなに感謝してるわ。いつもね」

アリアナ・グランデはツアーからのファンの映像も投稿している。

アリアナ・グランデは先日、来日公演を記念して日本限定となる自身初のベスト・アルバムを9月27日にリリースすることが発表されている。

『ザ・ベスト』と題されたこのアルバムには、アリアナの日本デビュー・シングル“Baby I”から、世界ダウンロード数500万のメガヒット・シングル“Break Free feat. Zedd”、世界63の国と地域のiTunesで1位を獲得した“Problem feat. Iggy Azalea”、そしてあの映画『美女と野獣』より“Beauty and the Beast (Ariana Grande & John Legend)”も収録される。

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ